« 2008年03月28日 | メイン | 2008年03月30日 »

2008年03月29日

中華ちまきで感激の夕食

 
夕食メニュー
中華ちまき
胡瓜とハムの細切りサラダ
椎茸とオクラの中華風スープ

もう、ずいぶん前のお話なんやけど、
先日、主人が休日出勤分の振替で平日が休みやったと。

決算月で帰りも遅く、お休みが週1だったりすることが多いけん、
「お昼くらいまでゆ~っくり寝て、のんびりしててねー」
なんて言ってたんよね*:.。☆..。.(´∀`人)

けど、お休みの前夜、主人は高らかに宣言したと。
「明日の夕食は、自分が作るね!」


おかずのお話は続きをどうぞ

私がお勤めから帰ってくる途中で、
キッチンの中を覗いちゃダメ!って言われてて、
まるで鶴の恩返しみたいやな~って笑っちゃったんやけど、
「もしかして、虹子さんになっとる?」って聞くと、
「虹子さんまではない…」って笑いながら答える主人。

※注:虹子さんは私の愛読書『クッキングパパ』の主人公の奥さんで
家事(特にお料理)がとーっても苦手なんよ。
虹子さんがお料理すると、台所がどえらいことになるけん、
その状態を、私たちは「虹子さんになる」って言いよると。

15時過ぎから、一生懸命作ってくれた、中華ちまき!
主人が私に手料理をふるまってくれたのは、
お付き合いをしてる頃からも含めて、これで2回目♪

前は、ブロッコリー好きの私のために、
ブロッコリーとベーコンのパスタを作ってくれたんよね。

前夜にもち米や竹の皮を水に浸けて、
必要なものはぜーんぶ自分でお買い物してきて…、
頑張って作ってくれました*:.。☆..。.(´∀`人)

具は、うずらの卵、栗の甘露煮、椎茸、
きくらげ、人参、辛子高菜など。

うずらの卵は、お手軽な水煮のやつじゃなくって、
生のうずらの卵を自分で茹でて入れたんだって。
水っぽさがなくって、とってもおいしかったぁ。

彼が中華ちまきを作ろう!って思い立った理由は、
目下、クッキングパパに夢中やけん(笑)

私の愛読書のクッキングパパ(今現在全96巻)を
20巻目まで読み終えた模様。

その8巻目に載ってる中華ちまきに魅せられて、
どーしても作りたい!食べたい!食べさせたい!
って衝動にかられたんだって( ´艸`)

何事にも一途になるタイプの主人は、
それに夢中になったら、ほかのことが見えんくなる人。
中華ちまきに夢中で、他のメニューはノープラン(笑)

そこで、サラダとスープの具材を刻んでもらって、
簡単2品を追加。

中華ちまきを作った時に残ってたきくらげを細く刻んで、
胡瓜、ハムも歯ごたえが残る程度の太さに刻む。
市販のゴマドレッシングで和えた、簡単サラダ。

0319_07

スープの味だけを私が調えて、
あとは刻んだオクラと椎茸、残ったきくらげを細く刻み、
(きくらげは戻すと量がすごいことになることを知らなかった様子)
スープに投入した簡単スープ。

疲れとるのに、一生懸命作ってくれたことを思うと、
うれしくって、おいしくって、最高の夕食でした。

この日のこと、きっと、一生忘れんと思う。
ほんとに、ほんとにありがとね。



毎晩、寝る前にクッキングパパを読みながら、
次は何をつくろっかなぁ~って思案しよんしゃるよ。

私と同様、主人もクッキングパパでお料理に目覚めるかも!?
旦那さんにクッキングパパ見せるの、オススメです(笑)(。-∀-)