« 2008年03月13日 | メイン | 2008年03月15日 »

2008年03月14日

ミニハンバーグ弁当+我が家の冷蔵庫

 
お弁当メニュー
ミニハンバーグ
鶏肉と根菜のお煮しめ
ウィンナー
プチトマト・ブロッコリー
たまご焼き
ご飯(野沢菜ちりめん)

今日はなんだか何を書こうか迷っちゃって、
10分以上が経過しちゃいました…(笑)





ま、こんな日もあるさ。


お弁当の写真のっけてますっ
それと、我が家の冷蔵庫の中身を初公開(笑)

ご興味のある方は、続きをどうぞ。

0307_03

小さめに成形しておいて、
焼く直前の状態にして冷凍しとったハンバーグ。

保存しとったポモドーロソースをちょこんとのせて。

0307_02

今回の卵焼きは、プレーンタイプ。

微妙なカタチやけん、これがハートだってこと
きっと食べる方は気づいていないでしょう・・・(笑)

今日のお弁当は、とくにコレといった特徴がないけん、
続きに書くことがなーんもないヾ(´Д`;)

やけん、いつもとちょっぴり趣向を変えて、
我が家の冷蔵庫の中をご紹介♪

冷蔵庫は、何が入ってるかひと目でわかるごと、
私なりのルールを決めて、日頃から整理整頓を心かげとると。

一番上の段は、鍋ごと保存したい時用のスペース兼、
買ってきたものをとりあえず保存しとくスペース!

やけん、普段はこのスペースは空けとくようにしとると。

2段目は、パイレックスゾーン。
お弁当のおかずや、多めにカットしておいたサラダなんかは
透明のガラス容器、パイレックスに入れて保存!

このタイプのパイレックスだと、
蓋のままレンジでチンできるし、
何が入っとるのか一目瞭然(○´∀`)ノ゛

温めなおす可能性があるおかずや
すぐに使い切りたいものは、パイレックスで保存しよるよ。

3段目は、野田琺瑯のレクタングル容器ゾーン。
保存食材(お味噌やお漬物など)、
チーズ、
南関揚げ(熊本県南関で作られる揚げ)など
比較的長いスパンで使う食材は、この容器に入れとると。

レクタングル容器なら密閉できるけん、
乾燥やにおいを防ぐことができるっちゃん。

しかもね、これ、
白い容器部分に油性マジックでメモ書きしても、
洗ったり、布でこすったりするだけで、しっかり落ちると。
やけん、何を入れとるか、中身を書いとくこともできるんよ!


プラスチック容器やったら、レンジでチンできんし、
できたとしても、におい移りが気になっちゃったりするけど、
パイレックスやったら、その心配はないし、
そのまま食卓に出しても、ぜんぜん問題ないんよね~♪

やけん私は、パイレックスと
レクタングル容器を使い分けよるっちゃん。

琺瑯とガラス製品の良さは、油落ちがいいこと!
油汚れも、スーッと落ちて気持ちいいよぉ。

最初に揃えるときは、お安くないけん迷いはあったけど、
これを使い出したら、手放せんくなった+.゜(*´∀`)b゜+.゜

一番下の段には、白い取って付きのプラスチックかごに
チャツネや各種瓶入り調味料、
豆板醤やら赤味噌、ゆず胡椒なんかを入れとると。

こういったのって、ごちゃごちゃしがちなんやけど、
同じカゴに入れておくことで、見た目すっきりで使いやすい。

白いカゴは100均で揃えたもの。
あらかじめ冷蔵庫の奥行きを測っておいて、
しっかり扉が閉まるサイズの取って付きのカゴをチョイス。

どこに何が入っとるか把握できるけん、
冷蔵庫を開けっ放しですごす時間も少なくてすむし、
何より見た目がスッキリして、使い勝手も上々です+.゜(*´∀`)b

かなり長くなっちゃうから、今回は冷蔵室だけね(笑)