« 2007年03月22日 | メイン | 2007年03月24日 »

2007年03月23日

中国・桂林5日間の旅~象鼻山

0315_z03

龍勝を後にして、約2時間かけて桂林に戻ってきたと。

お次に向かうは、悲しい伝説が残る
岩山が巨大な象に見えるという、象鼻山(ぞうびざん)。

夕食の時間が迫ってたけん、
残念ながら、ぐる~っと一周しただけやったけど、
この辺一帯は、象のオブジェがいっぱいあって
ゆっくり見て回りたいな~って思える場所やった。

鼻を伸ばして水を飲む巨象のお話っ 続きも読んじゃう?

0315_z07

象鼻山っていわれるくらいやけん、
この公園の中には、象をモチーフにしたオブジェがいっぱい。

0315_z05

漓江にかかる橋にも、象さんが❤

0315_z01

曲芸をしよる象さんの照明かいな?
どの象さんも、表情がとーってもチャーミングなんよね~。

0315_z04

そして、こちらが象鼻山!
こちら側から見ると、どこが象なの?って思うんやけど、
中央のくぼんでるところが、象さんの目。

0315_z03

そして、この角度から見ると、象が鼻を伸ばして
水を飲んでいるように見えることから、
象鼻山って呼ばれるようになったと。

0315_z02

ガイドさんの説明によると、
この象鼻山には、悲しい伝説があるんだって。

人のために働いた象が、天帝のお怒りに触れて殺されてしまい、
そのまま石に変わってしまったというもの。

象鼻山は桂林の方々にも親しまれとる
シンボル的な存在なんだって(*´∀`*)

桂林のシンボル、象鼻山を一周して、
3日目の夕食をいただく、【桂山大酒店】内のレストランへ。

0315d_11

ここでは、でっかい金のぶたちゃんがお出迎え。
お顔だけのぶたちゃんの顔が、覆面レスラーみたい∵ゞ(´ε`●)

0315d_10

ここでは生演奏を聞きながら、お食事をいただけると。
日本人にもお馴染みの曲が演奏されたりして、
和やかな雰囲気で、楽しくお食事っ(o´∀`)ノ

0315d_09

中国でのお食事は、日本と違ってお箸が縦置き。

3年前に、北京に旅行に行ったとき、
現地のガイドさんに教えてもらったことなんやけど、
日本では、出された食事を残すのは失礼にあたっちゃうけど、
ところ変われば…で、中国では逆。

全部食べ尽くしてしまうと、
【食べ足りない】っていう風にとられて、
逆に失礼になってしまうんよ。

たいだいどこでも、食べきれないほどの食事が出てくるけん、
【こんなにたくさんのご馳走をありがとう。食べ切れませ~ん】
って、無理せず残すのが中国でのマナー。

ま、このマナーは中国人の方と食事をした場合やけん、
ツアーなんかで日本人同士で食べる場合は、
あんまり気にしなくてもいいよ~って仰ってた。

ばってん、どこで食事するにも、食べきれないほど
たっくさんのお料理が並ぶけん、結局残しちゃうんやけどねー。

 

0315d_08

こちらは(↑)、お酒の肴的な感覚のお料理。

手前のゴマがまぶしてあるものは、
ピリッと辛くて、揚げたお肉のような感じ。

0315d_05

このホテルでも、桂林の定番料理が並んだんやけど、
パイナップル入りの酢豚が登場!

パイナップル入りの酢豚って、邪道やろ~って思ってたんやけど、
これはパイナップルが薄切りで、かなりいい感じ♪

サクッとした食感で、適度な酸味があって、おいしいぃ❤

0315d_07

定番のセロリの炒め物。
セロリの炒め物は、かなりお気に入り(o´∀`)b
日本に帰っても、セロリって歯ごたえがステキ。

日本に帰っても、このセロリの食感を活かしたお料理を
いろいろ考えたいな~って思ったもん♪

 

 

 

0315d_03

こちらのホテルではじめて登場したお料理が、
このチャーシューのようなもの。

やわらかくって、食べやすかった(o´∀`)b

 

0315d_04

ここでも、ご飯はやっぱり炒飯。
お店によって、炒飯の具も味付けも違ってくるから、
食べ比べるとたのしいよ~(´∀`∩

ここでのデザートは、大粒のあまーい金柑。
桂林は柑橘系の果物がおいしいらしく、
金柑はどこでもよく売られてたんよね~。


お食事のあとは、雑技とバレエが融合したショーを観劇。
オプションで自由に参加できる、【夢幻漓江ショー】

 

0315d_02

優雅なバレエと、アクロバティックな雑技を
同時に楽しむことができる、桂林ならではのショー!

生命の誕生や、愛などがテーマになってて、
セリフなんて全くないけど、心打つものがあるんよね。

80分間休憩なしで、たっぷりショーをたのしめて、
入場料金:250元。

こぶたたちはツアーで団体割引?が適用するのか…、
日本円で3000円で観劇。
このお値段で、この内容は、桂林に行くなら絶対見るべきっ♪

もちろんショーは撮影禁止なんやけど、
ショーが終わった後、出演者の方々がロビーに並び、
お客さんを拍手でお見送りしてくれると。

その様子は、写真撮影OKやし、
一緒に記念撮影をすることもできるんよ。

0315d_01

ショーの途中では、ピエロに扮した小さな男の子も出てきたりして、
手拍子を誘うようなたのしい演出もあったり…、見ごたえ十分!!

夢幻漓江ショーを楽しんだあとは、
21時過ぎごろホテルへと。

翌日は桂林市内を観光!!
パンダちゃんにも会えちゃいました❤