« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月31日

たらきゅうくずし豆腐

 0329_01
 夕食メニュー
野菜まきまき焼きのとろりんソース
キャベツのサラダ、トマト、ゆで絹さや
たらきゅうくずし豆腐
えのきと春雨のお味噌汁
ご飯

この日のメインは、【野菜まきまき焼きのとろりんソース】

ちょっと前に作った、【ぎゅ~っとニラナスのトマト風味】の
ソースを使って作った、お手軽な一品♪

ソースだけを多めに作っておいたっちゃんヾ(≧∀≦☆)

チーズ、長いも、人参、インゲンを牛薄切り肉で巻き込んで、
塩コショウをパッパッパッ♪

熱したフライパンで、全面をこんがり焼いて、
トマト風味のソースを回しかけるとっ(人´∀`)

お肉の中からとろけだしたチーズが、
トマト風味のソースとまったり混ざり合って、とろ~り♪

焼いたお肉と絶妙な絡み具合で、おいしいっちゃんっ!!!!

メインがぼりゅーむたっぷりやったけん、
副菜はお野菜中心で、手軽にチャッチャとできるもの。

写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。

たらきゅうくずし豆腐
0329_02

材料 2~3人分
・胡瓜…1/2本
・辛子明太子…40g
・醤油…小さじ2
・ごま油…小さじ1/2

・絹ごし豆腐…1/2丁
・白ごま…少々

・刻み海苔…適量


作り方
0329_04



なめらかなお豆腐の中に、胡瓜の歯ごたえが活きる
一口で二度美味しい一品っ(人´∀`)

あっさりした味付けやけん、
ちょっぴりピリッとした明太子の味がポイントになると♪

白ごまはお好みで増減してみてね!
こぶたは大好きやけん、多めに入れたんやけど、
風味もアップして、香ばしくって美味しくなるよ~♪

ご飯の上にドバッとかけて食べてもおいしいし、
お酒のお供にチビチビ食べるのもいいかもっ!?

がっつりメニューの副菜に、ぜひどうぞっ♪

2007年03月30日

ブロッコリーの甘酢和え

0327_03

大好きなブロッコリー。

いつもは、塩茹でしたものをそのまま食べるんやけど、
この日は、ちょっぴり味付けを変えてみたとっ。

あんまりにも簡単すぎるレシピなんやけど・・・

 詳しいレシピは続きでどうぞ 

ブロッコリーの黒酢和え

材料 3人~4人分
・ブロッコリー…1株

(A)【黒酢ドレッシング】
・醤油…大さじ1
・酢…大さじ1
・ごま油…小さじ1/2
・砂糖…小さじ1/2

・すりごま…適量

作り方

  1. ブロッコリーは茎部分を切り落とし、 食べやすい大きさに房わけをする。
  2. 鍋に湯を沸かし塩少々(分量外)を加えて、色よくゆでる。
  3. ボウルに(A)の材料を合わせ、水気を切ったブロッコリーと和える。
  4. お好みで、すりごまをまぶし、出来上がり♪

茎の部分は、 一緒に漬け込んでもいいし、
炒め物に使ったり、サラダに入れたりしてもOK!!

マヨネーズをかけていただくよりも、
あっさりヘルシーなブロッコリーの甘酢和え。

すりごまをた~っぷりまぶして食べると、おいしいよっ。

あと一品・・・・って時に、 ぜひどうぞっ(*´∀`*)

2007年03月29日

お弁当

0328_01
弁当メニュー
ぎゅ~っとニラナスのトマト風味
絹さやのごま風味炒め
ちくわと茎わかめの煮物
ブロッコリーのベーコン巻き
卵焼き
ブロッコリーの甘酢和え
ご飯(梅干、昆布の佃煮)

お勤め先の某大学でも、桜が咲き始めたっ(o´∀`)ノ

通勤途中にも、見事に桜が咲き誇ってる場所があって、
 もう、春なんやね~って、うれしくなるっ❀

ひっさびさのお弁当記事。

お弁当の写真のっけてますっ
おかずの詳しい解説は続きをどうぞ。

ぎゅ~っとニラナスのトマト風味
0328_02

やっぱりこの一品、お弁当にピッタリやった!
白いご飯に合う!合う!

やわらか~い茄子が、たまりませんっ♪

ブロッコリーのベーコン巻き0328_03

巻きこんどるのは、ブロッコリーの芯。
細めで柔らかいブロッコリーの芯やったけん、
ベーコン巻きにしてもおいしいっ(o´∀`)ノ

0328_04

前日に作り置きしとった、ブロッコリーの甘酢和え。
ブロッコリーの色が飛んでしまっとるのは、 味がじっくりしみとるってことで、ご愛嬌~ヽ(´▽`)ノ

デザートの小粒ないちごちゃんが
甘酸っぱくっておいしゅうございましたっ❤

2007年03月28日

ぎゅ~っとニラナスのトマト風味

 0327_02

牛肉とお茄子を使って、翌日のお弁当にも使えて、
ご飯に合う一品を作ってみたっちゃん!

訳アリで、トマト風味にしたかったけん、
辛さば強調せん味付けに仕立ててみたとっ。

お子ちゃまでも安心してモリモリ食べられちゃう一品ヽ(´∀`*)ノ

写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。

ぎゅ~っとニラナスのトマト風味
 0327_01

材料 3人~4人分
・牛肩ロース(切り落とし)…150g
・長茄子…3本
・ニラ…100g

(A) 【合わせ調味料】
・トマトピューレ…100cc
・醤油…大さじ1
・ウスターソース…小さじ2
・黒砂糖…大さじ1
・黒酢…小さじ2
・甜面醤…小さじ1

・ごま油…小さじ2
・輪切り唐辛子…少々

・醤油…少量


【※調理に入る前の準備】

  1. 牛肉は大きければ一口大に切りそろえる。
  2. 茄子は所々皮を剥き、ヘタを切り落とす。
    縦半分にしてから、太さ長さ(5cm程度)が同じになるように、
    縦長に等分する。
    (しばし水にさらしてアクを抜いた後、しっかりと水気を切っておく)
  3. ニラは根を切り、5cm長さに切りそろえる。

作り方

茄子は180度の油で皮の色が鮮やかに、切り口の角が
少し色づく程度まで油通しをしてね。
口当たりなめらかで、茄子がとろける感じに仕上がるよっ♪

付け合わせに千切りキャベツなんかをたっぷり添えておけば、
濃厚ソースとうま~く絡まって、
ドレッシングなしでお野菜がもりもり頂けちゃいます!!!

冷凍しとったトマトピューレを使い切りたくって、
今回はトマト風味にしてみたと~ヾ(´▽`*)ゝ

たっぷりのソースで炒めるけん、
牛肉と茄子がいい感じにまとまってくれるっちゃん!

冷めてもおいしくいただけるけん、
お弁当にもおススメでっす(o´∀`)b

2007年03月27日

博多祇園鉄なべ

 0322_05

先週、職場の皆さんと一緒に、
博多区祇園にある【鉄なべ】に行ってきたとっヽ(*´∀`)ノ

超有名店なんやけど、
こぶたがこのお店で食事すんのは、今回で2度目!

ばってん、前回お食事したのは、かれこれ8~9年前のこと。

その当時から繁盛しとったのは、記憶にあるんやけど、
この日も早い時間から、お店は超満員で大賑わい!!

おいしいお話っ 続きも読んじゃう?


鉄なべってのは、鉄なべ餃子のこと。
博多祇園鉄なべ

19時からの予約やったんやけど、ちょっと早めに到着したけん、
予約しとったテーブル席に案内してもらえたと♪

19時前だというのに、テーブル席もカウンターも
お客さんでい~~~っぱいっっっ!!

店内には、著名人のサインやら、
お店の方と一緒に撮影されたお写真が所狭しと飾られとると。

このお店の看板メニューは、なんつっても鉄なべ餃子!

鉄なべ餃子が焼けるまで・・・しばし歓談に時を過ごし、
先に出されたサイドメニューに、お箸を伸ばしちゃいます♪

こちらが人気の一品、手羽先の煮!!

0322_04

大きな手羽先をじっくり煮とるだけあって、
中までやわらかくって食べやすいと(o´∀`)ノ

0322_03

千切りキャベツの上にたっぷりのっかった、モツの煮込み。
こちらもやわらかくって、しっかり味がしみこんどる~。
キャベツと一緒に食べるのが、おいしゅうございまっす!

この他にも殿方たちは、ポテトサラダなんかをご注文♪

そして・・・待ちにまった鉄なべ餃子の登場!!
鉄なべの名の通り、餃子は黒い鉄なべごと出てくるんよ(*≧∀≦)

この鉄なべ効果で最後までアツアツをいただけちゃうという寸法。

0322_02

1人前8個やけん、40個入ったこの鉄なべは、5人前。
出てきてすぐは、とにかく激アツやけん、
やけどに注意していただきまっす(´口`) 

 0322_01

明太子+もりもりご飯と一緒に、餃子を頂きよんしゃった。

お店じゅうが餃子の香りで充満しとるけん、
お店を出た後は、かなりニオイが気になるんやけど、
このお店の雰囲気は、昭和を感じさせる懐かしい感じで
なんとも落ち着く空間やったりするんよね~♪

交通アクセスもめっちゃ便利なところやけん、
遠方の方も、博多にお越しの際には立ち寄ってみてね(o´∀`)ノ



※博多には【鉄なべ】という名のつくお店は数店あります。
こぶたたちがお邪魔したお店は、【
博多祇園鉄なべ】です。

2007年03月26日

豚肉のあっさり大葉まぶし炒め

 0324_01
夕食メニュー
太刀魚の塩焼き
昆布とちくわの煮物
豚肉のあっさり大葉まぶし炒め
貝汁
ご飯



超ひさびさのレシピ記事になっちゃいました(;´∀`)

っても、 チョー簡単なレシピなんやけど....ヽ(´▽`)/

写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。

豚肉のあっさり大葉まぶし炒め
 

材料 3人分
・人参…50g
・大葉…10枚

・ごま油…小さじ1/2
・豚薄切り肉…150g
・塩胡椒…少々

【合わせ調味料】
・薄口しょうゆ…大さじ1
・味覇…小さじ1/2
・みりん…小さじ1


作り方

お野菜を増やして作ってもOKっ(o´∀`)b
きくらげなんかを入れてもおいしいよっ♪

あっさりした野菜炒めのようなものが食べたかったけん、
醤油味ベースで大葉の風味が効いた、一品に仕上げましたっヾ(≧∀≦☆)

見た目以上にご飯に合って、それでいてあっさりしてるんよっ。
どんぶり風にしちゃっても、絶対美味しいと思うな~♪

調味料も少なくって、お手軽簡単でっす(人´∀`)

2007年03月25日

中国・桂林5日間の旅~両江四湖

 0316_n06

ツアー最終日の夜は、夕食のあと19:30から
両江四湖(りょうこうしこ)のナイトクルージングへと出かけたと。

このクルージングはオプションで、日本円で4,500円。

桂林市内を流れる川と湖をひとつに結び、
世界各国の橋などを再現し、美しくライトアップされとるんよ♪

最後の夜のお食事と、美しい両江四湖のお話っ
続きも読んじゃう?


4日目の夜のお食事は、西苑にて。

0316_d10

 

最初にスッポンのスープが登場。

0316_d08

 ご一緒したツアー客の方の中では、
すっぽんのスープをお気に召された方も大勢っ。

こぶたがおいしかったのは、その横に写っとる、
里芋のコロッケと、水餃子。

0316_d05

この日のメインは、名物のビーフン料理と、
豚の丸焼きが出てくるんだって!!!w(☆o◎)w

おめめが…、かなりリアルでちょっと怖いけん、
赤いポッチで隠してます・・・。

0316_d09

地元では超高級料理にあたるらしく、
滅多に出されないお料理なんだって。

写真を撮るためだけに、お皿に盛られて登場した豚ちゃん。
このあとすぐ調理場へと戻って、食べやすく盛り付けられてくると。

0316_d04

こちらは汁ビーフン。
かなり薄味に仕上げとるけん、お好みで辛味のある調味料を加えて
お味を調節していただくこともできるとっ。

0316_d03

そして、こちらが焼きビーフン。
ビーフンというよりも、フィットチーネか、太めのど○兵衛みたい(笑)

こちらも味は薄口に仕上げられとるけん、
お好みに味を調節して食べるっちゃん。

もっちりした食感で、おいしいっ(*´∪`*)

 

0316_d07

漓江の川下りでも頂いた海老のから揚げっ。

こちらのレストランでも香ばしく揚がっとって、
塩気もきいてて、皆さんにも人気の一品やった!

0316_d06

麻婆茄子のようなもの。
揚げた茄子がとろとろになってて、美味っ!!
程よい辛さで、食べやすいしねっ(人´∀`)

0316_d02

こぶたが大好きなもやしの炒め物。
お野菜、きくらげ盛りだくさんで、うれしくなっちゃう❤

0316_d01

先ほどの丸焼きにされちゃった豚ちゃんは、
春餅に巻かれて、再登場!

さながら北京の北京ダックのような感じ。
かなりカリッカリッに皮が焼かれとった。

お好みで中華味噌につけて、いただきますっ!
春餅がもっちりしてて、おいしかった~~~(o´∀`)b



食事を終えると、そろそろ桂林の旅も締めくくり....。

予約しとった、両江四湖のナイトクルージングを楽しむために、
杉湖の遊覧船乗り場へとバスで移動。

0316_n05

っと、その前に・・・、観光客でにぎわう、
金の塔と銀の塔を真正面から見れる場所へと案内してもらったと。

0316_n10

遊覧船が出発する時間が迫ってくると、
杉湖の遊覧船乗り場から、いよいよ乗船!

 

0316_n04

幻想的な景色を眺めつつ、船内では桂林でも有名な
二胡奏者のトウさんが演奏を披露してくれると。

0316_n03

演目は、日本人でもなじみの曲ばかり。
日本人観光客は、二胡の音色に合わせて歌ったり、手拍子したり、
大いに楽しみよんしゃった。 

 

0316_n01

中国に旅立つ3日前に届いた一眼レフ。
この日ほど、一眼レフを使いこなせん自分に
もどかしさを覚えた日はなかったなぁ~(;つД`)

0316_n07

音楽とともに高く噴き上がる噴水。

0316_n09

ここでも鵜飼のアトラクションを見ることができたと。

遊覧船が近づくと、竹のイカダと鵜を鵜匠さんが操り、
鵜飼を間近で披露してくれると。

数分間に、何尾も魚を捕えちゃう鵜。
鵜の首には紐が巻かれとって、
魚を飲み込まないようにしとるんだって!!

鵜を操りよって、遊覧船と距離が出始めると、
鵜匠さんは、イカダを進めて遊覧船に追いつくと。

巧みな鵜飼に、船上では拍手喝采!!


 


4泊5日の桂林紀行最後は動画でしめくくりっヾ(≧∀≦☆)

優美なナイトクルージングと、おまけのパンダちゃん。

【 ご注意 】

音声が流れるけん、
音が出たらやばい方は、ボリュームを下げんしゃるか、
スタートボタンを押さんごとしんしゃいねっ!



ながいなが~い桂林旅行記も、この記事でラストっ!!

訪れた先々で、たっくさんの思い出ができて、
楽しく有意義な4泊5日の旅やった~♪

数日間にわたるめっちゃんこ長い旅行記に、
お付き合いいただき、ありが㌧ございましたっ!

゜☆,。・:*:・゜★o(´▽`*)/♪\(*´▽`)o゜★,。・:*:・☆゜

2007年03月24日

中国・桂林5日間の旅~桂林市内

0316_n09

4日目、桂林での観光ができる最後の日。
最終日は、移動距離が少ない桂林市内を観光。

バスを降りて観光する場所は多いんやけど、
どこもバスで10分圏内の移動距離。

中国屈指の景勝地と名高い桂林。
名の由来は、桂樹(キンモクセイのこと)が多いことから。

桂林市内を一望できる展望台まで登ったり、
パンダに会える公園をお散歩したり…、

景観に優れた桂林市内のお話っ 続きも読んじゃう?


朝一番、まずバスが向かったところは
伏波山(ふくばさん)!

  0316_s04

ホテルからも近く、8時40分ごろに到着しとるけん、
伏波山入り口の広場では、大勢の人たちが
朝の太極拳で体を動かしよんしゃった。

0316_s07

洑波山のまわりは、手入れの行き届いた公園になってるんよ。

0316_s05

ゲートを入場すると、見事な孔雀のトピアリーが目を引くと~。

0316_s06

 伏波山は、桂林市内を横断する漓江に面してそびえたつ岩山。  

  0316_s08

 

山を横切る鍾乳洞の中には、昔の有名な書家やら旅人が残した
歌が刻みこまれとる、岩場があると。

0316_s09

この地で、いっちばんにぎわってた場所が、コチラ(↓)!
大きく突起した岩石が、地に着かずにすれすれで保っている場所。

その隙間に手のひらを入れて、
記念撮影をしよんしゃる観光客がいっぱい!!

0316_s10  

この場所で、水着を着て川に何度も飛び込むおじさんが二人。
何のために飛び込んで泳いでるのかは、
・・・・・よ~わからんかった(*´・д・)



次に向かった先は、畳彩山(じょうさいざん)。

山肌の地層が、縞模様に見える様子から、
この名がつけられたと言われる、畳彩山。

結構急な石段で、、たくさんの人たちが踏み歩き続けとるけん
石段はつるつるに磨かれ、滑りやす~いΣ (´Д`ノ)ノ

用心しながら登ると、桂林市内を一望できる絶景を拝めるんよ~。

0316_s02

高いところから市内を一 望すると、
桂林では、いたるところににょきに岩山がそびえ立っとる!

ガイドさんいわく、桂林は地震がないから、
こんなに大きな岩山のすぐ横にも、民家が建てられるんだって。

0316_s01


この日だけで2回目の山登りを終えて、
お次に向かったのは、七星(しちせい)公園。

0316_n04

桂林最大の公園で、園内に散在する7つの岩山。
その並び方が、北斗七星に似とることから、
七星公園の名前がつけられたんだってー。

0316_n03

七星公園も、手入れの行き届いた美しい公園っ。
ダチョウに見立てたトピアリーがおちゃめ((ヾ(∀´* )

0316_n01

ちょいと太めのラクダさん。
ゆ~ったりゆ~ったり歩きよんしゃった。

その本物のラクダさんの後に登場するのが、
巨大すぎるラクダさん!!

0316_n02  

  みたまんまっ、らくだの形そっくりの駱駝山!

これには、びっくり!!
自然に出来た岩とか思えないほどに、らくだそっくりなんやもん。

さらに、ずんずん公園内にすすんでいくと、
お目見えするのが、パンダちゃんゾーン。

このパンダ、聞くところによると・・・、
普段はじぃ~っと寝そべってるか、
寝床の隅の方にこもって出てこないらしいんやけど、

この日は運よく、動いてるところを見ることが出来たと♪

間近で見るパンダは、めっちゃかわいかったぁぁぁ❤
(お次の記事で、動くパンダちゃんをご紹介予定♪)



お昼をいただく前、午前中最後の観光場所は、
桂林2度目の鍾乳洞。

正直、ありえないほど長く巨大な鍾乳洞を見とったけん、
【また鍾乳洞かぁ~】って全く期待してなかったんやけど、

いやはやびっくり!!!

冠岩とは違った、美しさをもつ鍾乳洞やった!!!!

0316_d04

 

蘆笛岩(ろてきがん)は、1959年に発見された鍾乳洞。

冠岩に比べれば短い全長2kmの鍾乳洞。
見学できるコースは、そのうちの500mほど。

一番目を見張る光景だったのが、
水面がライトアップされた鍾乳石が反射する水晶宮 。

これはね、もう・・・、息を呑む美しさやった(*´Д`)ノ゚,。

0316_d01

美しくライトアップされた窟内は、見もの!!
様々な形状の鍾乳石があって、
それぞれに名前がつけられてたんよ。

0316_d02 

高さのある鍾乳洞で、どの鍾乳石も見事なものばかり。

0316_d05

この蘆笛岩のライトアップは、幻想的で、
あっという間に500mを見学することができた❤

0316_d03

最後は、ライオンがお客様をお見送り~~ヽ(´∀`●)ノ

この蘆笛岩は、予想を上回るすんばらしい景観で、
窟内の宮殿って感じで感動的やった!!!


午前中の観光を終えて、観光酒店というホテルの中のレストランにて
とっても楽しみやった、ランチタイム。

0316_l02

観光酒店でのランチは、飲茶~.:*゚・;*:(●´∀`)
桂林のお食事が美味しくても、さすがに3日も続くと飽いてしまう。

次から次へと出てくる飲茶に、
ご一緒したツアー客の方々も、ご満悦~(o´∀`)b

0316_l09

揚げ餃子に、あんマンのようなもの。
揚げ餃子がとっても大人気やったヽ(´∀`*)ノ

0316_l07

黄色い色した、しゅうまいのようなもの。
皮がもっちりしてて美味~(o´∀`)ノ

0316_l08

こちらはゴマ団子。
中に入ってたのは、杏子餡やったような気がする♪

0316_l03

甘い寒天のような、もっちり食感のひと品。

0316_l01

白菜とお肉をにんにくで炒めてるもの。
これは、激辛なんやけど、白菜の甘味が出ておいしかった。

0316_l04

おなじみのチャーハン。
卵に塩気がきいてて◎ヾ(≧∀≦☆)   

0316_l06

こちらももっちり食感の甘いお菓子のようなもの。
こぶたはわらび餅とか、葛餅大好きやけん、
こういう食感のお菓子的なものはおいしく感じるっヽ(*´∀`)ノ

0316_l05

のびたソーメンのように見える、このお料理。
桂林の名物料理のひとつでもある、汁ビーフン!!
日本のビーフンとは違って、かなり太めなのが特徴。



桂林で過ごす日も、この日で最後!

桂林最後の夜は、ナイトクルージングで満喫したっちゃん♬
お次の記事で、長々と続いた桂林旅行記もラストでっす(人´∀`)

2007年03月23日

中国・桂林5日間の旅~象鼻山

0315_z03

龍勝を後にして、約2時間かけて桂林に戻ってきたと。

お次に向かうは、悲しい伝説が残る
岩山が巨大な象に見えるという、象鼻山(ぞうびざん)。

夕食の時間が迫ってたけん、
残念ながら、ぐる~っと一周しただけやったけど、
この辺一帯は、象のオブジェがいっぱいあって
ゆっくり見て回りたいな~って思える場所やった。

鼻を伸ばして水を飲む巨象のお話っ 続きも読んじゃう?

0315_z07

象鼻山っていわれるくらいやけん、
この公園の中には、象をモチーフにしたオブジェがいっぱい。

0315_z05

漓江にかかる橋にも、象さんが❤

0315_z01

曲芸をしよる象さんの照明かいな?
どの象さんも、表情がとーってもチャーミングなんよね~。

0315_z04

そして、こちらが象鼻山!
こちら側から見ると、どこが象なの?って思うんやけど、
中央のくぼんでるところが、象さんの目。

0315_z03

そして、この角度から見ると、象が鼻を伸ばして
水を飲んでいるように見えることから、
象鼻山って呼ばれるようになったと。

0315_z02

ガイドさんの説明によると、
この象鼻山には、悲しい伝説があるんだって。

人のために働いた象が、天帝のお怒りに触れて殺されてしまい、
そのまま石に変わってしまったというもの。

象鼻山は桂林の方々にも親しまれとる
シンボル的な存在なんだって(*´∀`*)

桂林のシンボル、象鼻山を一周して、
3日目の夕食をいただく、【桂山大酒店】内のレストランへ。

0315d_11

ここでは、でっかい金のぶたちゃんがお出迎え。
お顔だけのぶたちゃんの顔が、覆面レスラーみたい∵ゞ(´ε`●)

0315d_10

ここでは生演奏を聞きながら、お食事をいただけると。
日本人にもお馴染みの曲が演奏されたりして、
和やかな雰囲気で、楽しくお食事っ(o´∀`)ノ

0315d_09

中国でのお食事は、日本と違ってお箸が縦置き。

3年前に、北京に旅行に行ったとき、
現地のガイドさんに教えてもらったことなんやけど、
日本では、出された食事を残すのは失礼にあたっちゃうけど、
ところ変われば…で、中国では逆。

全部食べ尽くしてしまうと、
【食べ足りない】っていう風にとられて、
逆に失礼になってしまうんよ。

たいだいどこでも、食べきれないほどの食事が出てくるけん、
【こんなにたくさんのご馳走をありがとう。食べ切れませ~ん】
って、無理せず残すのが中国でのマナー。

ま、このマナーは中国人の方と食事をした場合やけん、
ツアーなんかで日本人同士で食べる場合は、
あんまり気にしなくてもいいよ~って仰ってた。

ばってん、どこで食事するにも、食べきれないほど
たっくさんのお料理が並ぶけん、結局残しちゃうんやけどねー。

 

0315d_08

こちらは(↑)、お酒の肴的な感覚のお料理。

手前のゴマがまぶしてあるものは、
ピリッと辛くて、揚げたお肉のような感じ。

0315d_05

このホテルでも、桂林の定番料理が並んだんやけど、
パイナップル入りの酢豚が登場!

パイナップル入りの酢豚って、邪道やろ~って思ってたんやけど、
これはパイナップルが薄切りで、かなりいい感じ♪

サクッとした食感で、適度な酸味があって、おいしいぃ❤

0315d_07

定番のセロリの炒め物。
セロリの炒め物は、かなりお気に入り(o´∀`)b
日本に帰っても、セロリって歯ごたえがステキ。

日本に帰っても、このセロリの食感を活かしたお料理を
いろいろ考えたいな~って思ったもん♪

 

 

 

0315d_03

こちらのホテルではじめて登場したお料理が、
このチャーシューのようなもの。

やわらかくって、食べやすかった(o´∀`)b

 

0315d_04

ここでも、ご飯はやっぱり炒飯。
お店によって、炒飯の具も味付けも違ってくるから、
食べ比べるとたのしいよ~(´∀`∩

ここでのデザートは、大粒のあまーい金柑。
桂林は柑橘系の果物がおいしいらしく、
金柑はどこでもよく売られてたんよね~。


お食事のあとは、雑技とバレエが融合したショーを観劇。
オプションで自由に参加できる、【夢幻漓江ショー】

 

0315d_02

優雅なバレエと、アクロバティックな雑技を
同時に楽しむことができる、桂林ならではのショー!

生命の誕生や、愛などがテーマになってて、
セリフなんて全くないけど、心打つものがあるんよね。

80分間休憩なしで、たっぷりショーをたのしめて、
入場料金:250元。

こぶたたちはツアーで団体割引?が適用するのか…、
日本円で3000円で観劇。
このお値段で、この内容は、桂林に行くなら絶対見るべきっ♪

もちろんショーは撮影禁止なんやけど、
ショーが終わった後、出演者の方々がロビーに並び、
お客さんを拍手でお見送りしてくれると。

その様子は、写真撮影OKやし、
一緒に記念撮影をすることもできるんよ。

0315d_01

ショーの途中では、ピエロに扮した小さな男の子も出てきたりして、
手拍子を誘うようなたのしい演出もあったり…、見ごたえ十分!!

夢幻漓江ショーを楽しんだあとは、
21時過ぎごろホテルへと。

翌日は桂林市内を観光!!
パンダちゃんにも会えちゃいました❤

2007年03月22日

中国・桂林5日間の旅~龍勝の棚田

0315_r01

3日目の行先は、このツアー旅行のメインともいえる、
龍勝の棚田へと向かうっちゃん♪

桂林市内から、車でおおよそ2時間ちょっと…。
この日のスケジュールは、とにかく移動時間が長い長い。

ばってん、バスでの移動中、寝不足のこぶたは、
ほっとんど寝とったけん、あっという間に感じたけどね~ヽ(´▽`)/

650年の歴史を誇る見事な棚田っ 続きも読んじゃう?

0315_r13

観光バスを降りたら、小さなバスに乗り換えて、
棚田への登り口まで連れて行ってもらうと。

ガイドさんの話によると、昔はこの小さなバスがなかったけん、
棚田への登り口まで約2時間かけて歩いて登ってきてたらしい。

棚田への登り口からは、頂上までさらに40分くらいかかるんよ。

自分の担当するツアーの中に龍勝が入ってたら、
ガイドさんたちはみんな、めちゃめちゃ憂鬱になってたんだって。

今は登り口まで、バスが連れてってくれるから、
とーっても楽になったよ~って教えてくれんしゃった。

0315_r07

棚田への登り口の大きな門をくぐると、
駕籠屋さんが待ち構えとると。

日本円にして、往復5700円くらいの料金。

ツアーをご一緒した方の中では、3名の方が利用しよんしゃった。

 

見た目ほど楽じゃなくって、乗ってる方もかなり腹筋を使うんだって。
とくに傾斜に差し掛かると、態勢を維持するのが難しいって仰ってた。

0315_r11

軒先では、おばあちゃんたちが売り物にするわらじをあんだり、
 刺繍を施したりしよんしゃった。

それに、じゃが芋やらタロイモやら、さつまいもを焼いたりね。

0315_r04

中腹にさしかかると、棚田が近くに感じてくる。

昔、山しかないこの地方で暮らしてたチワン族の人々が、
田畑を耕すこともできず、食べることに苦労してたんだって。

そこで、考えたのが、その山々を棚田にすること!

今では、この地区一帯が棚田だらけで観光客がひっきりなし。

0315_r10

途中、休憩所のようなところでは、民族衣装を着た少女が現れると。

写真を持って近づいてきて、
【写真!1000円!1000円!】って日本語で話しかけてくるよ´∀`)

その場でプリントアウトして渡せるように、
パソコンとプリンターが数台置いてある…。

ハイテクやなぁ~ヽ(*´∀`)ノ

0315_r02

この龍勝には温泉もあるらしく、湯けむりがあがってた。

どのお家も、とっても立派!
新しいお家ばかりで、木の香りが漂ってたもん。

0315_r06

中国は今年、豚年。
いたるところに、ぶたちゃんが売られとった。

このぶたちゃん(↑)が、こぶた的に一番気に入ったんやけど、
大きすぎて、重すぎて、持って帰るのが大変やけん諦めた(笑)

0315_r05

頂上までは約40分ちょっとかかって到着~ヽ(*´∀`)ノ

思ったほど階段も急じゃなかったけん、
景色を楽しみながら、あっという間に着いた感じ。
 

0315_r03

濃霧に見舞われたけん、写真が全部白んでしまったんやけど、
実際はず~っと向こうの方まで、全部棚田!!

その姿が龍の背中のように見えることから、【龍脊棚田】。
龍勝っていうのは、この地区の名前。

頂上の展望台で、見事な棚田を目に焼き付けた後は、
もと来た道を下山していくと。

0315_r12

下山途中、昼食をいただく【銀梯旅館】へ案内されたと。
龍勝で暮らす、ヤオ族の龍勝名物料理が堪能できるお店。

0315_l07

ここ一番の名物料理は、こちら【竹筒蒸し】。

この地方では、もち米を作っているらしくって、
もちもちで、おこわのような食感のご飯。

0315_l06

なんだかよくわからんものが出てきちゃったので、
ガイドさんに恐る恐る聞いてみると、サラミなんだって。 

0315_l08

こちらはお豆腐の炒め物。
このお料理は、日本人でも食べやすい♪

0315_l03

相変わらず、赤と緑は、ピーマンじゃなくって唐辛子。
でっかいから、辛いよー。

0315_l05

山登りの途中、数多の軒先で焼かれてた焼き芋。
黄金に輝くお芋さん、甘くって美味しい。

0315_l04

山登ったり、下ったりしてるときに、よく見かけたわらび。

龍勝でもわらび料理は定番みたい。
お肉や唐辛子と一緒に、炒めて出てきましたっ。

0315_l01

これは、落ち着く味!
日本でもよく食べよる、ニラたま~ヽ(*´∀`)ノ

若干脂っぽいのを除けば、ニラたまそのものっっ(*≧∀≦)

0315_l02

こんにゃくのような、このお料理。
食感は、わらびもちのような感じ。

わらびが豊富だから、そのものなのかもしれんけど、
味や見た目は、【
鹿児島のあくまき】みたいやね~。

0315_l10

他にも食べ切れないくらいのすんごい品数が次々に出てきた。

0315_l09

最後には、椿油で作られたお茶が登場。

お味の感想はというと・・・・、不思議なお茶。
お茶というよりもスープみたい(*´∀`*)



食事のあと、下山して小型バスに乗りこみ、
観光バスが待つところまで連れてってもらったと。

そのあと、観光バスで少し移動すると、
そこには長髪村なるものが存在するんよね~。

0315_r08

長髪村に住むヤオ族の女性は、人生で2度しか髪を切らないんだって。
1度目は結婚するとき、2度目は亡くなったとき…。

0315_r14

長い髪をぐるぐるにして頭上にまとめてるんやけど、、
そのまとめ方によって、未婚者、既婚者を表してるんだそう。

バスを降りると、売り子さんたちに囲まれちゃう。
ここでも日本語で【全部1000円!安いね~♪】って言ってた(*´∪`*)



長髪村を後にして、さらにバスに揺られること2時間。

桂林へと戻り、巨象が鼻を伸ばして水を飲んでいるように見える
伝説の象鼻山へと向かいまっすヽ(´∀`*)ノ 

中国・桂林5日間の旅~環球大酒店

0314_d09

現地で夕食をいただいがのは、4日間。

朝食は、滞在しとった桂林幸運酒店でいただいてたんやけど、
夕食は、いろんなホテルのレストランに案内してもらってたんよ♪

2日目の夜は、環球大酒店ってホテル内のレストランで夕食。

桂林で夕食をいただく祭、最初のコップ1杯は
必ずサービスでついてきてたんよね。

ビール、コーラ、サイダー、ウォーターから
好きなものを注いでもらえると。

別にビールをオーダーすると、どこのホテルも大瓶1瓶で20元。
日本円で320円くらい。

ビール好きな方には喜ばしい限りやねっ♪

同席した方が、ミネラルウォーターをオーダーすると、
500mlくらいのペットボトルで、1本20元。
ビールとおんなじ値段なんやねぇ━(*´・д・)━!!!

2日目の桂林名物料理を堪能っ 続きも読んじゃう?

0314_d10

桂林で過ごした5日間、
どこのレストランでも、まず最初にスープが出てくるんやけど、
正直、・・・ん?って思うようなもんもあったんよね。

日本人には、苦手な香りだったり、薬膳っぽかったり。

5日間のお食事のスープの中で、
いっちばんおいしくて頂きやすかったスープが、
こちらのレストランのスープ!

厚切りの椎茸やお野菜がいっぱいで、
臭みなんかはまったくなくって、あっさり(人´∀`)

0314_d03

お昼間、漓江下りの船内でも出てきた湯葉のお料理。

これは桂林の名物料理らしく、
ほとんど毎日食卓に並んだっちゃんね~。

こちらのレストランで頂いた湯葉は、
お野菜もお肉も一緒に調理されとったけん、
船内でいただいたそれよりも、若干食べやすかった。

んやけど…、こぶたはやっぱりこの湯葉の食感が苦手(;´∀`)

0314_d02

こちらは春雨的なものを卵でとじたもの。
あっさりしてて、食べやすいっヾ(≧∀≦☆)

ただ、味がせんので、お醤油が欲し~い(笑)

0314_d06

この青梗菜の炒め物も、4日間を通して
昼食・夕食ともに毎日登場してた一品。

ただ、ホテルによって、やっぱり若干お味が違うんよね~。

こぶたもママも、宿泊しとった桂林幸運酒店のバイキングで用意されとる
青梗菜がいちばんお気に入りやった(o´∀`)b

0314_d07

毎食登場しよった、炒飯。

桂林は土地柄の関係上、お米が日本とは全然違うんだって。

米粒の長い、インディカ米で、粘り気が少ないけん
普通に炊いて食べても、パサパサに感じると。

やけん、炒飯みたいに炒めて登場することが多いそう。

0314_d01

驚いたのが、巻きずしが登場したこと!!

4日目の朝やったかいな・・・!?
桂林幸運酒店の朝食バイキングでも巻き寿司が出たんやけど、
インディカ米を使っとるせいか、お寿司にするにはまとまりにくいんよね。

それば補うために、すし酢を多めに配合してるみたいで、お米がベチャベチャ。

日本の巻きずしと比べると、なんか違う…って思うかもしれんけど、、
お味はおいしいと~ヽ(*´∀`)ノ

0314_d08

ピリ辛の酢豚的なもの。

これにも、赤・緑の唐辛子がふんだんに使われとって、
油断するとピーマンと間違えちゃいそうな感じ。

0314_d04

この日の夕食は飲茶っぽいものが2品登場!
餃子の皮のようなものに、色が付けられてて鮮やかなお料理。

中にはひき肉が詰められてるんやけど、
皮がちょっぴりかたいけん、見た目ほどおいしくはない(笑)

0314_d05

こちらは、シューマイのようなもの。

もち米じゃなくって、インディカ米をつかっとるけん、
日本でいただくようなモチモチ感はないものの、
炒め物料理が多い中国でのお食事やけん、
目先がかわって、おいしく感じる~(*´∪`*)

最後は、おなじみのスイカが登場してフィニッシュ!

楽しい夕食が終わったら、楽しみにしとったマッサージへ。
これはオプションやけん、希望者だけなんやけど、
90分でたったの3000円!!

日本じゃ絶対に考えられんお値段でうれしくなっちゃう♬

30分足つぼマッサージをしてもらって、
そのあと全身をもみほぐしてもらうとヽ(*´∀`)ノ

翌日の山登りに備えて、 気力は十分!

2007年03月21日

中国・桂林5日間の旅~世外桃源

0314_09
[ 烏帽子岩 ]

陽朔を後にして、バスに乗り込み向かった先は、
【少数民族の桃源郷】をテーマにした、

世外桃源(せがいとうげん)

【世外】ってのは、世界以外のところ・・・、
そして、【桃源】は桃源郷を意味しとるんよ。

この世界にはない、空想上の理想的な世界。
要するに桃源郷を意味するテーマパークなんよっ(*´∀`*)

園内には、自然の湖沼やら洞窟なんかが存在しとって、
比較的小さな遊覧船に乗り込んで、
様々な少数民族の独特な建物やら暮らしぶりを見て回ると。

浮世離れした世外桃源のお話 続きも読んじゃう?


0314_02

まずは、背の低い小船に乗り込んで、
園内をゆ~っくり見物。

0314_05

燕湖と呼ばれる自然の湖を利用して作られた大きな湖を一周。

途中、複数の艶やかな民族衣装を着た女性や子どもたちが
音楽に合わせて、踊ったり、手を振ってくれたりすると。

 

0314_10

小船が近づくと、音楽が流れ踊りだし・・・
通過すると、パタッと止む・・・・(笑)

0314_06

桂林では、よく鵜飼を見たんよね。
日本と違って、鵜には紐などをつけとらんと。

魚を捕らえたら、戻ってくるごと訓練されとるんだって。

ここまではなんとものどかな風景やったんやけど…、
このトンネルのような燕洞という、自然の洞窟を通過すると、
はるか昔にタイムスリップしたみたい!!

0314_15

洞窟の先には、牛の頭蓋骨が木々に飾られとって、
なにやら物々しい雰囲気。

0314_14

このすぐ先に、小屋のようなものがあって、
カメラを向けてたら・・・

ワァー!!

0314_13

っと、突如人が飛び出てきた!!!

誰もがみな、すんごいビックリで、船上は大騒ぎ(笑)

0314_12

おどかした後は、手を振って朗らかに見送ってくれると♪
さながらジャングルクルーズみたいやね~。

この辺りには、中国でも珍しい少数民族の倭族(わーぞく)が
暮らしていたらしく、この湖での一番の見ものは、
なんといっても、倭族の迫力あるステージ!
(ステージの雰囲気は文末で動画でご紹介~♪)

ばってん、これもまた、船が通過すると、パタッと止むんよね~(笑)

0314_08

倭族のステージを通過したあと、花の冠を投げてくれたんやけど、
残念ながら届かずに、湖にポチャ。。。(>ω<、)

聞くところによると、男性観光客には
槍を投げてくるらしいので、お気をつけて~(ノ∀≦。)ノ 

0314_11

観光客を最後までお見送りしてくれる少女。
笑顔がかわいかった~。

0314_07 

倭族の生活ぶりを垣間見た後は、また田園風景が広がると。

0314_16

水牛は草を食む...。
めちゃめちゃのどかやねぇ~♫





小船を降りた後は、今度は別の民族に出会えると。

0314_04

建物にはとうもろこしや粟を干してあって、
これらを主食にしてたんだって。

0314_03

民族衣装に身をまとい、楽器に合わせて歌ったり、
リズムカルに機織りをしたり、
建物の中には、手作りのおみやげ品が並んどった。

0314_01

世外桃源を見て回った時間は数十分やったけど、
浮世離れした空間が、時間を忘れさせてくれる場所。



世外桃源を動画でご紹介っ♫
雰囲気だけでも味わってみてくださいねっヽ(´∀`*)ノ


【 ご注意 】

音声が流れるけん、
音が出たらやばい方は、ボリュームを下げんしゃるか、
スタートボタンを押さんごとしんしゃいねっ!


世外桃源を後にして、向かった先は・・・・
2日目の夕食をいただくホテルの中のレストラン!!

中国・桂林旅行記…、もうしばらくお付き合いくださいねっ。

2007年03月20日

中国・桂林5日間の旅~陽朔

0314_10 

4時間の漓江下りを満喫したあと、
遊覧船は、陽朔(ようさく)に到着しますっ。

漓江下りの終点となるここ陽朔は、奇峰、奇岩に囲まれた街。

街の中に一歩足を踏み入れると、
どこかで見たことあるような映画の世界にでも入り込んだみたい!

漓江下りの終点に到着っ 続きも読んじゃう?

 0314_04

下船後、ガイドさんに案内されて向かった場所は【西街】

陽朔は、欧米人に人気のある地区らしく、
西街の通りでも、たっくさんの外国人観光客とすれ違ったなぁ~。

0314_09

とっても興味深い街並みなんやけど、ひとつだけ問題が・・・。

このエリアはとてもとても“スリ”が多い地域なのだそう。

ガイドさんは、このエリアを案内するときが、
一番胃が痛くなるって言いよんしゃった(;つД`) 

0314_07

ここ西街は、現地の方々にも【洋人街】と呼ばれてる街らしくって、
おしゃれな雑貨屋さんとか、カフェなんかが並んでて、
時間が許せば、ゆ~っくり見て回りたい場所やった。

0314_03

この日は平日やけん、人通りも少なくてすんだんやけど、
週末や連休ともなると、とにかくすごい人なんだって!

そのくらい、観光客に人気の西街。

0314_06

西街には宿も多く、桂林市内に宿泊せずに、
ここ西街に宿泊して観光を楽しむ方も多いのだとか。

身軽な格好で(めっちゃ寒いのに、半そでとか!)、
通りを闊歩する欧米人、不思議と街にとけ込んどんしゃった~♪

0314_02

この通りでよく見かける光景が・・・これ!
カード麻雀に興じる現地の方々。

どんな場所でも、こげな簡易テーブル的なもので、
手軽に麻雀を楽しみよんしゃったよ(o´∀`)ノ 

0314_08

笛を吹きながら練り歩く物売りのおじさん。

たくさんの物売りさんに遭遇するんやけど、
その全ての物売りさんが吹いてる曲は・・・なぜか、

【北国の春♫】

抑揚もつけて、上手に演奏しよんしゃったよ♬  

0314_05

ガイドさんに案内されて、西街の中で唯一立ち寄った
“苗(ミャオ)族”の民芸品店。

その店先では、苗族の方が見事な刺繍を施しよんしゃった。

苗族の刺繍は一針一針、丁寧に手縫いされとって、
それはそれはすんばらしい出来栄えのものばかり。

西街を後にして、再度バスに乗り込んで向かった先は、
陽朔を代表する山、碧蓮峰(へきれんほう)! 

0314_12

碧蓮峰の名の由来は、水に映った山影が、
蓮の花に似ていることから…、なんだそう。

四季を通じて緑に囲まれた美しい景色を楽しませてくれる山。

0314_13

観光客をイカダにのせて、女性が謡いながら渡してくれよんしゃった。
その風情は見もの!!

のどかで、懐かしく思える、そんな時間やった。。。

再びバスに乗り込んで、車窓から眺めた山がコチラ。

 

0314_01

月亮山(げつりょうざん)。

月亮ってのは、中国語で“月”のことなんだって。
山の中腹に、見事なまでに真ん丸な穴が貫通しとるんよ!

そのまん丸の穴がお月さまに見えることから、
月亮山って名がつけられたと。

 

陽朔から、バスで桂林よりに15kmほど戻って、
【少数民族の桃源郷】をテーマにした、テーマパークに向かったと。

0314_11

トンネルを抜けると、まさしくそこは、桃源郷やった・・・。

お次の記事では、
桂林周辺に昔から住む、少数民族の生活ぶりを再現した
 【世外桃源】をご紹介!

2007年03月19日

中国・桂林5日間の旅~漓江ダイジェスト

0314_00

冠岩をたっぷり1時間半見学して、
遊覧船に戻ってくると、お食事タイム。

かなり見づらいんやけど、船尾には調理場があって、
コック帽をかぶった調理人さんにより、お料理が作れよると!

出来立てのお料理で、ゆっくりとお食事タイムっ(*´∪`*)

船内での食事と動画で川下りっ 続きも読んじゃう?



 ご一緒しとるツアー客の皆さんと、まずはビールで乾杯!!!

0314_24

ビールはサービスで何本か出てきたような気がする。

ちなみに、ひとり1本のミネラルウォーターもサービスやけん、
こぶたはお水でかんぱ~いヾ(≧∀≦☆)

0314_22

桂林でのお食事で、毎食登場しよったのがこちらの食材。

厚揚げを薄切りにしたような、干し筍のような・・・。

食べてみても。なんだかよくわからんかったんやけど、
ガイドさんいわく、これは【湯葉】なんだそう!

日本の薄い湯葉しか知らんこぶたたちには、かなり不思議な食感・・・。
正直に言うと、この湯葉の食感は苦手やったヽ(´▽`)/

0314_20

揚げた白身魚に辛い餡がかかったもの。
桂林で出てくるお魚料理は、川魚が主なんだって。

ただ、川魚特有の臭みは緩和されとったよ♪

赤と緑のピーマンのようなもの…、これは全部唐辛子!!
ピーマンかと思って口にすると、どえりゃいことになっちゃいます(;´∀`)

0314_21

豚肉とセロリの炒め物。

セロリも桂林でいただくお食事の中に、よく登場したっちゃんね。
セロリの食感がとっても小刻みよくって、美味!!!

0314_19

こぶたがこの船上でのお食事でいっちばん好きやったのが、
なんつっても、このもやし炒め!!

細めのもやしがたっぷりで、シャクシャクおいし~い❤
もやし好きのこぶたにとって、魅惑の一品やった!   

0314_18

お茄子の天ぷらのようなもの。
素揚げしたピーナッツの上に、ドカン!とのっかってるんよ。

皆さん口々に【味がしない…お醤油が欲しい】って言いよんしゃった(笑)

0314_25

郷土料理的な、こちらの一品。

普通のお豆腐かと思って、この四角いお豆腐を一口食べると…、
お口の中が大惨事に!?!?!?!?

これは、発酵させたお豆腐で、
めっちゃねっとり!!そんでもって、めっちゃ辛い!!

実際はお酒やご飯のお供に、ちびちびといただくものらしいです...(;´∀`)
完全に見た目に騙されてしまったぁぁぁΣ(|||▽||| ) (笑)

この他にも、ご飯や数品登場したんやけど、
これらは全部コース内に含まれとるお料理!!

一品だけ、同じテーブルの皆さんと追加でオーダーしたのが、コチラ♬

0314_23

こちらはガイドさんオススメの【川海老のから揚げ】

一皿100元やけん、日本円で1600円くらい。
なかなかのお値段で、一皿にたっぷり盛られてくるけん、
テーブルをご一緒しとる皆さんと、一緒に食べてみたと。

カリッと香ばしく揚がった海老に、いい感じの塩が効いとる!
ビールのおつまみに最高なんじゃなかかしらん!?



ゆるやかに流れる漓江の時を、ムービーでも撮って来たっちゃん!

鍾乳洞内は、暗くてめっちゃくちゃ見づらいんやけど、
雰囲気だけでも味わってみてくださいねっヽ(´∀`*)ノ

 

【 ご注意 】

音声が流れるけん、
音が出たらやばい方は、ボリュームを下げんしゃるか、
スタートボタンを押さんごとしんしゃいねっ!

 




漓江下りの終点は、外国人観光客でにぎわう【陽朔】
お次の記事では、陽朔地区をご紹介♪

2007年03月18日

中国・桂林5日間の旅~冠岩

 0314_26

漓江を下りはじめて、約1時間ほど経過すると、
遊覧船は冠岩(かんがん)に着くと。

漓江から見えるこの洞窟は冠岩幽洞(かんがんゆうどう) と呼ばれよって
中に入ると、長い長~い鍾乳洞になってるんよ。

冠岩は桂林最大の鍾乳洞で、 その全長はなんと約12km!!!
長いその距離を、いろんな演出で愉しませてくれるんよ。

想像を絶する幽玄の世界っ 続きも読んじゃう?

鍾乳洞に足を踏み入れた途端、ここは天国?おとぎ話の世界??
なんとも例えようのない、異次元の空間。

きらびやかにライトアップされた洞内に驚愕!!!

0314_17

柱状になった石柱や、無数に突起しとる鍾乳石。
その大きさに目を奪われるばかり!

0314_33

冠岩は、水が流れる横穴。

洞内には、池のようなものがいくつも存在しとって、
その水面に映し出されるコントラストがめっちゃキレイ!!!!!

0314_34

こぶたの撮影力のなさと、画像をかなり小さくリサイズしとるのとで、
実際の迫力をお伝えできんのがめっちゃ残念なんやけど・・・、
こぶたには、この幻想的なスポットが一番印象に残ったっちゃん。

0314_00

この空間は、水面から天女が現れるんじゃないかと
思わせてくれるほどに、息をのむ空間やったぁ(人´∀`)

0314_35

天井からにょきにょき垂れ下がる鍾乳石。

0314_41

雨が強く降った後には、洞内に滝が出現するんだって。

0314_32

滝が出現するほどの鍾乳洞やけん、途中には大きな川が出現!!
その川をボートに乗って移動しまーす。

ボートに備え付けられたライトを頼りに、地底の様子を楽しむんよ。

このボートの船頭さん、狭く曲がった難しい場所を通過するときには、
鍾乳石にオールを強く押し当てて勢いをつける、さすがのオールさばき!!

0314_31

ボートを降りて、上ったり下ったりの緩やかなアップダウンを繰り返した後、
今度は地底に線路がお目見えするんよ!!

0314_30

そこはなんと、なんと、トロッコ乗り場になっとって、
トロッコに揺られて、地底を探検できるんよね~♪

いろんな乗り物で洞内を見て回れるげな、
まるでTDRのアトラクションみたいヽ(*´∀`)ノ

0314_16

長い長い鍾乳洞内を見学し終わったら、
洞内に巨大なエレベーターが出現!

このエレベーターに乗って上昇すると・・・、
手入れの行き届いたきれいな庭園に出てくると。

0314_27

そこから今度は、カートに乗り込むんよヽ(´∀`*)ノ
カートに揺られて、遊覧船が待っててくれてる場所に戻るんやけど、

0314_28

遊覧船の船着場へは、この竹のイカダで渡してもらうと。

0314_36

その距離、わずか十数メートルなんやけど、
イカダになることげなそうそうないと思うと、これもまた楽しい経験!!

0314_42

 イカダから元の遊覧船に乗り込んで、
漓江の川下りが再開すると!

0314_40

約1時間半ほど冠岩を見学したら、時刻はお昼に...。

0314_38

お次の記事では船内での昼食をご紹介しまっすヽ(*´∀`)ノ

2007年03月17日

中国・桂林5日間の旅~漓江下り

 

二日目(現地1日目)の朝、バスが向かった先は、
山水画の世界そのものの、漓江(りこう)の川下り!

日本では見ることのできん、奇峰が連なる幽玄な世界。

遊覧船にのって、終点の陽朔(ようさく)まで
おおよそ4時間くらいかけて、のんび~り下って行くと。

濃霧に霞む山水画の世界っ 続きも読んじゃう?

朝、8時20分ごろ桂林市内を出発して、
バスで移動した後、遊覧船の船着場に到着!

0314_06

雨の多い桂林。

旅行中は幸いにも雨には降られずに済んだものの、
桂林にはつきものの濃霧に見舞われてしまったと。

ばってん、この霧に霞む世界こそが、山水画の世界!

0314_03

おおよそ4時間かけてのんびり川を下ることになるけん、
その間に船内で昼食をいただく予定。

やけん、テーブルを囲んでのこんな雰囲気(↓)の船内。

0314_04

船窓から奇峰を眺つつのおしゃべりを楽しんだり、
デッキに上がって絶景を目に焼き付けたり・・・。

長~い川下りを思い思いに楽しむことができると´∀`)

0314_01

桂林市内を437kmもの長さで南北に貫く漓江。

そのなが~い漓江の中でも、とくに景観にすぐれとる
竹江船着場~陽朔(ようさく)までの約60kmを遊覧船で下ってくんよ。

0314_05

遊覧船で約4時間ほど川を下って行く間、
周りの景色は、こげな感じの奇観が続くと。

0314_12

桂林を観光する人は、ほとんどがこの川下りをするらしく、
いろんな国々から旅行に来てる方々に遭遇すると。

もちろん、日本人観光客もとても多くって、
この川下りを目的にご旅行に見えてる観光客もいっぱい。

0314_08

見渡す限り、奇峰に囲まれた漓江。

0314_10

遠目に見ると、一つ一つの山は小さく見えるんやけど・・・
 近づくと、その山々は立派で大きなものなんよね。

0314_14

長い長い漓江を下っていくわけやけん、
途中、いろんな村々を目にするんやけど、
イカダに乗って移動したり、川で洗濯をしたり...。

0314_13

写真奥(↑)に写ってるような竹のイカダは、
現地の方々の重要な交通手段なんだって。

そこにはゆっくりとした時間が流れとった・・・・・。

0314_11

約60kmもの川下りの途中・・・・

 

  0314_07

一旦下船して巨大な鍾乳洞に向かうっちゃん。
そこでもまた、幻想的な世界に惹きこまれることに...ヽ(´∀`*)ノ

そのお話は、また続きの記事でご紹介させてくださいねっ

2007年03月16日

中国・桂林5日間の旅~幸運酒店

 0313_h19

今回の中国旅行の中でも楽しみやったのが、ホテル。

コンドミニアムホテルっていうくらいやけん、
まるで分譲マンションみたいなお部屋!!

キッチンもあれば、ダイニングもあって、
ほんでもってリビングもめっちゃ広いし・・・、
ツインベットの寝室が2部屋で、ベランダ3っつ~o(≧ワ≦)o

全室スイートっちゅう、なんともぜいたく~なホテルなんよ♪

広び~ろスイートルームのお話っ 続きも読んじゃう?

このホテルは、日本に本社があるホテル。

やけん、日本人スタッフが常設してくれとるし、
各部屋からの内線にも【日本語総合案内】があるけん、
困ったことがあったりなんかしても、安心♪

コンドミニアムホテルやけん、独立した棟に
ぞれぞれの客室があるんやけど、
朝食は、フロント近くのレストランで食べるっちゃん。

0313_h20

このお写真(↓)の奥には、BARがあって、
兄ちゃん情報によると、【おでん】なんかもあるらしい。

0313_h21

チェックインした初日は、到着が日本時刻の0時を過ぎとったけん、
チェックインしたらすぐにお部屋に直行!

0313_h11

こちらはリビング!
ゆ~ったりした空間で、ほんとにマンションみたいでしょ!?

0313_h14 

このお写真の角度から見ると、さほど広いようには見えんけど・・・

0313_h13

別角度から見ると、ほらね・・・ひろびろ!
この右奥には、おトイレットやら、キッチンやら、ダイニングが。

0313_h07

中国に入る前に、確認したら、
インターネット対応ホテルやったけん、
変圧器と変換プラグと一緒に、パソコン持参でやってきたと。

ここにノートパソコンを広げて、用意されとるLANケーブルで
お手軽にインターネットもできちゃうんよ~!

おかげで、撮りまくってるお写真は全部その日のうちに
パソコンに取り込めるし、こうやってブログも更新できちゃう♪

おかげでデジカメの残数を気にせず、
心置きなくシャッターが切れまくれちゃってます(≧∇≦)b

うれしいのは、トイレとバスが独立してるってこと♪

0313_h08

ゆったりしたバスタブに、アメニティも充実。

0313_h09

超快適!快適~♪ 

0313_h10

寝室は2部屋あって、どちらもツイン。

0313_h02

クローゼットも大きくて、たっくさん入れておけるし、
ベットもゆったりで、よく眠れる~♪

0313_h03

寝室の方にもテレビ(一度もつけてないけど...)や
ドレッサーがあって、女性3人が朝の身だしなみを同時に開始しても、
さほど困んないから大助かりっっo(´▽`*)o

ベランダから見える街並みはこげな感じ。

0313_h05

夜0時過ぎに撮った割には、街灯が明々と道を照らしとると。

0313_h06

その逆で、朝早く(8時ごろ)の街並みは、
の~んびりしてて、静かなもん。

0313_h17

ホテルでバイキング形式の朝食を済ませたら・・・、
いよいよ桂林観光がはじまりま~す!

まずは、桂林といえば・・・!の
幻想的な観光スポットに出発~♪

。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

 お次の記事では、一眼レフで初撮影した幻想的な景色を
たっくさんご紹介する予定でっすo(´▽`*)/

(この日だけで撮影した総数はおよそ480枚!!!!!)

2007年03月15日

中国・桂林5日間の旅~初日ディナー

0313_d11

ただいまこぶたは、福岡を離れて
遠く離れたとある場所で過ごしよると...。

福岡国際空港を飛び立ったあと、
広州空港で乗り換えて、最終目的地の便までは
約3時間の待ち時間(;´Д`)

広州空港には19時過ぎに着いたけん、
乗り換えの飛行機の時間まで、
予約されとった空港内のレストランで夕食タイム。

本場中華料理のお話っ 続きも読んじゃう?

今回の中国旅行は、 兄ちゃんオススメの行程o(´▽`*)/
兄ちゃんがスケジュールをたてたツアーに参加したと。

広州空港に着くと・・・、
乗り換えの手続きをお手伝いしてくれるガイドさんが待っててくれて、
予約されたレストランに案内してくれたっちゃん♪

兄ちゃんに言われとったのは、
日本で食べる中華料理は、
日本人が好む味付けにアレンジしてあるけど
現地で食べるそれは、想像しとる味と違うことが多いけんね...ってこと。

円卓のテーブルに、それぞれのお料理がドカドカ並べられて、
ほかのツアー参加者の方々と一緒にお食事。

皆さんと一緒にお食事をするけん、
主に、取り分けたお料理をお写真におさめてみたったやけど、
ここでご紹介する以外でも、何品か登場したとよ。

最初に登場したのが、こちらのスープ。

0313_d10

鶏ガラでスープをとった(と思われる)、蓮根のスープ。
これは、蓮根はいいものの・・・、
スープ自体に強烈な独特の香りがして、
日本人向きではないと思われますです(((( ;゚д゚)))

どなた様にも不評で、皆さん残しちゃいました。
あぁ、ごめんなさい・・・・。

0313_d03

残念ながらお料理名はすべて、ぜーんぜんわからんのやけど、
こちらは、トマトのオムレツみたいなようなもの。

火を通したトマトが甘くって、卵に良くあうd(´ー`*)

 

0313_d02

こちらはマーボ茄子的なもの!?
まったく辛くなくって、とっても食べやすい味付けっ。

これは、ご一緒した方々にも大好評!!
トマトのオムレツ風ともども、完食やったよ∩(´∀`∩)

0313_d09

中国のお米は、日本のお米と違って、
もちもち感はまったくなくって、パサパサ。

やけん、炒飯には向いてるんよね~。

この炒飯も、パラッパラで、お米一粒一粒が独立しとる。
ただ・・・、お味がまったくせんかったのが残念無念!!

そこで登場するのが、この麻婆豆腐。
こちらが、見るからに激激辛そう!!

0313_d06

案の定、めっちゃんこ唐辛子が効いとって、
お口の中が大火事になっちゃうほどに、めっちゃ激辛!!

0313_d01

やけん味のせん炒飯と一緒に食べると、辛さが若干和らぐと(笑)

 

0313_d04

こちらはいんげん豆の炒め物。
ひき肉と一緒に炒めてあって、意外とあっさり。

歯ごたえも楽しくって、こぶたは好きな味付けやった♪

最初のスープに並んで、???なお料理がこちら(笑)

0313_d12

茶葉と海老を香ばしく揚げて、塩か何かで味付けたもの。

最初の一口は、茶葉がパリッと香ばしく感じるんやけど、
そのあとすぐに、お口の中でもさつく感じ(笑)

きっと薬膳っぽい料理なんだろう…、
という意見で満場一致。

こぶたがこの日の夕食でいっちばん気に入ったお料理は、
なんといっても、これこれ!!


0313_d05

もやし(!)と、その他もろもろ野菜の炒め物~!!
。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

大大大好きなもやしの他には、
これまた大好きなきくらげなんかも入っとるし、
セロリもアクセントになってておいしい~q(≧∇≦*)

 

 

 この日の夕食、これだけでもいいよ~ってくらい、
好きな味やったもんっっ(笑)

そして、デザート。

0313_d08

中国ではお決まりのスイカ。
以前北京に行ったときも、毎食スイカのデザートやった(笑)

中国では定番なんやろうか??

一緒に旅行中の叔母ちゃんは、ビールがお好き。

中国のビールは日本ほど美味しくはないけん
期待せんどきーねと、いろんな人から言われてたらしい。

とにかく念を押されてたらしいけん、
戦々恐々としとんしゃったんやけど・・・

0313_d07

飛行機の中でも、このレストランの中でも、
思ったほど悪くない・・・ってことで、ご満悦♪

ほーんとよかったね~o(´▽`*)/

中国のビールは、グリーンの缶だったり、瓶だったりで、
見た目はなんだかサイダーみたいやね~。

この夕食のあと、とてつもなく広ーい広州空港を後にして、
目的地の桂林へと向かいまっすヾ(≧∀≦☆)

今回の旅行、楽しみなのがなんといってもホテル!!!
それは、お次のお話で・・・♪ 

2007年03月14日

スペシャル旅行記~プロローグ

 0313_a02

日本時刻、3月13日正午過ぎ・・・、
こぶたはこの写真(↑)の場所におったんよね...。

その名も、 福岡国際空港。

0313_a03

こぶたたち一行は16時過ぎの便で、
とあるお国へと飛び立っちゃいました♪
この記事は、ホテルのお部屋で更新しよる㌧。)

0313_a01

目的地へは、日本時刻の3月13日24時ごろ到着。

そして14日の朝は、8時15分からスタートすると…( ̄ω ̄; !!
初日~2日目は、飛行機の関係でかなーり強行スケジュール(笑)

今回の旅のお仲間は、
ママと叔母ちゃん(パパの弟の奥さま)とこぶたの三人。

パパと叔父ちゃんは透析があるけん、
残念ながら一緒に行くことができんかったんやけど、
【行っておいで~♪楽しんでおいで~♪】
って、ふたりして快く送り出してくれたけん、
これから女三人でワイワイ楽しめそうやんヾ(≧∀≦☆)

現地でのレポート、できるだけ詳しくご紹介する予定やけん、
お次のお話も楽しみにしとってね~
* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

2007年03月13日

Shin FACTORY

0313_07

とある事情がございまして、ちょっと早いっちゃけど、
職場の方々からホワイトデーの贈り物ばいただいたっちゃん♪

バレンタインには、同僚の女性の方と一緒に
お気に入りのケーキ屋さんの
【チョコ系焼き菓子の詰め合わせ】を贈ったと~´∀`)ゥフ

釣り師Yさんお見立ての、おしゃれなスイーツヾ(≧∀≦☆)

おいしいお話っ 続きも読んじゃう?

渋い大人な雰囲気のラッピングが特徴な
神戸のパティスリー

Shin FACTORY(ファクトリーシン)

素敵にラッピングされたスイーツがふたつあって・・・、
ひとつは、整然と並べられたチョコレート❤

0313_04

まるで、クレヨンみたいヽ(*´∀`)ノ*.o゜+:,*

0313_02

お味は2種類・・・。
ミルクチョコレートと、スイートチョコレート。

 

 

0313_03

濃いめに淹れたコーヒーと一緒だと、最高っ(o´∀`)b

そして、もうひとつ、真黒な箱に赤い文字のおしゃれなBOXが...!
わくわくしながら、そのBOXを開けると・・・

茶筒が登場!!

0313_06

その中には、スティック状のお煎茶のケーキが(人´∀`)

0313_08

濃いめのお煎茶をたてて、
ケーキにはちょっぴりお抹茶をふりかけてみたと。

程よい渋みの中に、ほんわり甘味を感じるしっとりしたケーキで、
お煎茶と、とにかくよく合う!!!

これは・・・病みつきになっちゃいそうやん❤

コーヒーにはチョコを。
ケーキにはお煎茶で...。

とってもおしゃれで美味しいスイーツに大感激っ!!
職場のみなみなさま~、ありが㌧ございましたっヽ(*´∀`)ノ

2007年03月11日

シャキ野菜の中華風焼きそば

0308_03

焼きそば麺が余っとったけん、
普段は焼きそばには入れないお野菜を使って、
趣向を変えた焼きそばを作ってみたとヽ(´∀`*)ノ

これが、こぶた的には大ヒット♪

シャキシャキのお野菜と、
中華風のソースがめっちゃんこ、あうあう!! 

写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。 

シャキ野菜の中華風焼きそば

材料 2~3人分
・蓮根…100g
・レタス…120g

・ごま油…小さじ2
・輪切り唐辛子…少々

・塩…少々

・牛薄切り肉…120g

【中華風ソース】
・醤油…大さじ1
・はちみつ…小さじ1
味覇…小さじ1/2
・酢…小さじ2
・甜面醤…小さじ1

・焼きそばめん…2袋

作り方

蓮根は空気に触れると酸化して黒ずんでしまうけん、
切ったらすぐに酢水につけて白さをキープしてね♪

レタスと蓮根がシャッキシャキーのおいしい焼きそば!

ソース焼きそばとはお野菜が全然違うけど、
レタスと蓮根が以外によく合うんよ~ヾ(≧∀≦☆)

濃厚な中華風ソースと麺がからまって、
ひっじょーにコクがある、ウマウマな焼きそば(人´∀`)

ソース焼きそばもいいけど、
たまにはこげな変った焼きそばも…、いっかがー!?

2007年03月10日

大根とネギの昆布スープ

0308_02

この日は大根を多めに使いたくって、
サラダ用にとカットをしよったら、どうも分量が多すぎた…。

全部をサラダに使うんじゃなくって、
ちょっぴり拝借して、スープにも使いまわしちゃうことにしたと♪

この日のメインが中華風の焼きそばやったけん、
スープはあっさり系で仕上げてみたっちゃんヽ(*´∀`)ノ

写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。

大根とネギの昆布スープ

材料 3人分
・大根…100g
・細ネギ…40g

・ごま油…小さじ1
・豆板醤…少々

・水…500cc
・昆布茶…小さじ2
・薄口しょうゆ…小さじ1
・みりん…小さじ1

【水溶き片栗粉】
・片栗粉…小さじ1~2
・水…大さじ1

作り方
 

ネギを最初に炒めておくのがポイント!
方面に油をコーティングしてあげることで、
キレイな青味が持続して、仕上がりもキレイ(人´∀`)

和風なお料理にも、洋風チックなお料理にも
あっさりスープはピッタリヾ(≧∀≦☆)

コンソメや出汁なんかを使ってないのに、
昆布茶がイイ仕事ばしてくれとるけん、
ばっちりまとまったお味に仕上がるよ❤

トロミの加減はお好みでっ♪
もちろん、最後に水溶き片栗粉を入れなくっても、おいしいよ~。

2007年03月09日

大根めんたいサラダ

0308_04
夕食メニュー
シャキ野菜の中華風焼きそば
大根めんたいサラダ
大根とネギの昆布スープ

ぐふふふふ・・・・。

念願の、一眼レフ買っちゃいましたっっヽ(´▽`)/

届いたばっかりやけん、まだ使えてないんやけど、
これからいじくりまくって、使え方覚えんとね~♪

ストラップを付けてみただけなんやけど、
それだけでワクワクしてくるっちゃんね~(人´∀`)

お天気のいい日に、早くいろんな写真ば撮りたかぁ~。

この日は残り野菜をたっぷり使ったメニュー。
写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。

大根めんたいサラダ
0308_01

材料 3人分
・大根…150g
・貝割菜…1p

・明太子…50g
・ごま油…小さじ1/2
・ポン酢…小さじ2

作り方
0308_05

明太子は、皮のない【バラコ】を使うと、とっても便利♪

シャキシャッキの大根と、明太子がぴったりヾ(≧∀≦☆)

ちょっぴりごま油を入れるのがポイント!
香ばしい香りがプラスされて、おいしいよ~♪

とってもとーっても簡単やけん、
お急ぎの場合でも楽ちんにできちゃうよん。

2007年03月08日

鰺のくるりん焼き

 0306_02
夕食メニュー
鰺のくるりん焼き
わかめと油揚げの煮物
きんぴらごぼう
あさりのお味噌汁
ご飯

日曜日、佐賀までのドライブでの道すがらで立ち寄った産直市場で、
めっちゃめちゃ新鮮な魚介類を買ってきたとヾ(≧∀≦☆)

まだピチピチはねよる芝えびやら、アサリやら、鰺やら。

芝えびは、買ってきたその日にママがかき揚げにしてくれたんやけど、
海老そのものにあまみがあって、ばりうまいっ❤

その翌日、ちょっぴり小ぶりな鰺を、どげな風に変身させようかと
しばらく考えて、出来上がったお料理が 【くるりん焼き】 !!

写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。

鰺のくるりん焼き
0306_01

材料 3人分
・新鮮な鰺(小型)…7尾
・塩コショウ…少々

【パセリマヨネーズ】
・パセリ…20g
・マヨネーズ…大さじ3
・醤油…小さじ1
ゆずとんからし(柚子胡椒)…少量

・人参…40g(お好みの野菜でOK)

【昆布醤油】
・醤油…大さじ1
・昆布茶…小さじ1/2
・砂糖…小さじ1/2
・水…大さじ1

作り方

包み込むお野菜は、お好みのものでOK!
こぶたは人参と、絹さやを巻き込みましたっ♪

骨も丁寧に取り除いとるし、くるくる見た目もかわいいお魚料理♪

これなら、普通の焼き魚が苦手なおこちゃまでも、
お野菜とお魚、楽しく食べられちゃうかもっヽ(*´∀`)ノ

蒸し焼きにすることで、身がぷっくらやわらか!
ご飯にもめっちゃくちゃよく合うんやけど、
きっとお酒のお供にも、ぴったりだと思うっちゃんね~ヾ(≧∀≦☆)

2007年03月07日

武雄温泉日帰りの旅

0304_10

3月4日(日)、こぶた一家は佐賀県にお墓参りに行ってきたと。

この時期にしてはあり得ないほどのぽかぽか日和♪
車の中におると、日差しがまぶしいくらいで
窓を開けたくなっちゃうほどのあたたかさっヽ(*´∀`)ノ

行きはパパの運転っ。
こぶたは後部座席で、車窓から見える景色や
空の色を眺めながらのドライブ。

冬の空って、どんなにお天気がよくても空が白んでて、
なんだか寂しい感じがするんやけど、
あったかくなってくると、空や景色を眺めるのが楽しい!

この日の雲は厚ぼったいけど、それでも空が青い!!!

そうこうしながら、一番の目的やったお墓参りも済んで、
ちょっぴり足を伸ばして、武雄温泉方面に行ってみたと♪

ドラマにもなった【佐賀のがばいばあちゃん】のロケ地、
武雄温泉のお話っ 続きも読んじゃう?

最初、武雄温泉に行く予定ではなくって、
ママが行ってみたいって言ってた場所にナビを設定しとったと。

ばってん...いざ到着すると、軒並み造り酒屋さんが並ぶ通りで、
日本酒を飲まんこぶた一家は興味がわかず、
そのままスルーして、近くの温泉を探すことにヽ(´▽`)/

温泉の看板は見つけるんやけど、肝心の場所がわからず、
武雄方面に向かう途中で見つけた、
【湯】の文字に飛びついて、入ってみたと。

嬉野市塩田町にある【楠風館(なんぷうかん)】

0304_03

入ってみてびっくりしたのが、入浴料ひとり100円!

通常は300円らしいんやけど、
この日は月に一度のサービスデーだかなんだかで、
たったの100円でお風呂に入れてしまったヽ(´∀`*)ノ

0304_02

サービスデーでお安いのにもかかわらず、
お風呂はほぼ貸し切り状態。
ただ、残念なことにここは温泉ではなかったんよね...(;つД`)

でもでも、施設はまだ新しく、とっても開放感いっぱい。

0304_01

まわりは田んぼに囲まれた、のどか~な場所やったよ(人´∀`)

まだまだ日も高く、この先もドライブを続けたかったけん、
汗を流すだけのお風呂タイム。
(100円やしね、小休憩のつもりで♪)

そして、途中から最終目的地になった、武雄温泉方面へ。

こぶたはいまだかつて行ったことがないんやけど、
ママいわく、【竜宮城みたいな赤い門があるところよ】... なんだそう。

仰る通り、目の前にどでーんとご立派な楼門がそびえたっとった!!

国指定重要文化財 【武雄温泉楼門

0304_04

ふむー。確かに竜宮城みたいな感じの、
とっても雰囲気のある、立派な楼門。

この楼門、東京駅を設計した「辰野金吾」さんの設計。

テレビドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」のロケでは、
少年が階段を駆け上がるシーンを撮影したんだって。

楼門をくぐると、初めて訪れたんやけど
どことなく見たことあるような錯覚をおこしちゃう建物。

こちらは【武雄温泉新館】

0304_09

見たことある・・・って錯覚を起しちゃった理由は、
映画【千と千●の神隠し】の世界みたいやけん♪
どこからか、湯婆婆が出てきそ~う( ̄m ̄〃)

 

 

新館の周りには、営業しよる温泉施設もあるんやけど、
こちらの新館自体は、建物を見学するための施設。

0304_06

一歩踏み入れると、すんごくノスタルジックな通路。
靴を脱いで上がってみると 、そこにはゆったりとした浴槽が・・・!

大小さまざまの浴槽が、お湯が張られてない状態で
この建物内にいくつかあるんよ。

0304_07

このお写真のお風呂は、女湯だったところ。
このお風呂は、こげな(↓)感じの多角形の建物に存在しとると。

0304_05

男湯だったところには、無料で入れる足湯があるんよ♪
泉質は弱アルカリ単純泉。

0304_11

個室になった、小さなお風呂もあったりするとよ。
蛇口がレトロで、なんだかおしゃれ♪

 

0304_14

建物の裏側に回ってみると、
地下に掘られたお風呂(ガラス張りになって鍵がかかってた) まであった!

0304_15

 

 

ぐる~っと回ると、お土産物屋さんの裏口に通じとった。
裏側まで雰囲気があるなぁ~と、変なところで感心。

0304_08

二階へと通じる階段も、いい味だしとるヽ(*´∀`)ノ*.o゜+:,*

0304_13

 

特に何かが展示されとるわけではないっちゃけど、
広々とした空間が、なんだか落ち着くっちゃんね。

0304_12

この日はお天気もよくって、日差しが気持ちいと~♪

 

 

0304_19

武雄温泉新館を見終わった時の時刻、16時近く。

お昼ご飯を食べそこなっとって、お腹がすいてたんよねぇι(´Д`υ)
近くで雰囲気がよくって、よさげなお店を探したんやけど、
下調べもせずに来ちゃったもんやけん、結局見つけられず。

何件か旅館にお食事と温泉に入れないかおたずねしたんやけど、
この日はちょーどおひな祭りのイベント中で、どこも予約でまんぱーい。

名残惜しいけど、福岡の自宅に向かって帰ることに..."(@´▽`@)ノ

途中金立サービスエリアのレストランでお食事をば。


0304_18

こぶたがお願いしたのは、鯛の釜めし御膳。
旬なあさりのお吸い物がついて、800円ちょっと。

 

0304_17

パパやママがお願いしたお料理も、
お値段お手頃で、なかなか美味しかった♪

今回は予定も立てずに武雄温泉にドライブしてしまったけん、
今度は事前にいろいろ下調べしてから出かけたいな。

お墓参りのついでやけど、久しぶりの日帰り温泉旅行。
お天気にも恵まれて、えがった!えがった!

2007年03月06日

焼きサバ弁当

0305_03
弁当メニュー
焼きサバ
ちくわ胡瓜
胡瓜とわかめの酢の物
ロースハム、プチトマト
卵焼き
きんぴらごぼう
ご飯(明太子、昆布の佃煮)

先週はすんごくあったかくって、
汗ばむほどのぽかぽか陽気が続いたのに、
今週は寒い日が続くみたい・・・(;つД`)

天気予報で、10℃くらい気温が低くなる…って言いよったけど、
その予想は的中して、風が強くって寒かった~。

日曜日の夜からは雨風が激しかったし、
この寒さ、しばらく続くみたいやね...。

みなさま、体調にはくれぐれもご自愛くださいねん(*´∪`*)

お弁当の写真のっけてますっ
おかずの詳しい解説は続きをどうぞ。

0305_01

この日のお弁当のおかず、
前日の夜にママが作っておいてくれたものばっかり。

こぶたが朝作ったのは、卵焼きくらい♪

0305_02

日曜日は、佐賀までお墓参りに出かけてきたと。

帰りには、ちょっぴり足を伸ばして
武雄温泉までドライブに行ってきたっちゃん。

明日は、その時の様子をご紹介する予定でっす♪

お天気がめっちゃめちゃよかったけん、
気持ちよかったよ~ヾ(≧∀≦☆)

2007年03月05日

サラダ仕立ての香酢豚もやし炒め

 0303_04

午前中は朝早くからお出かけしとって、
お腹ペコペコで帰ってきた、土曜日のランチ。

お腹すいとったけん、てっとり早く
どこかでランチを食べてこようかとも思ったんやけど…、

早く使いきらんとやばめの もやし が気になっとったし、
ママがお知り合いの方からたっっっくさん頂いた
水菜を早く使わんとな~って思ってたんよね。

ヨシ!
お野菜いっぱい使ったお酢が入ったお料理を作ろっと♪
酸味のある中華風のお料理が食べたい気分やったっちゃんね~。

写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。

サラダ仕立ての香酢豚もやし炒め
0303_01

材料 2人分
・豚うで薄切り肉…150g
・酒…小さじ2
・塩…少々

・もやし…1袋
・絹さや…50g

・ごま油…小さじ2
・輪切り唐辛子…少々

【香酢調味料】
・玉ねぎ…40g
・人参…20g
・黒酢…大さじ1
・醤油…大さじ2
・甜面醤…小さじ1
・ごま油…小さじ1
・はちみつ…小さじ1/2

・水菜…150g
・人参…50g

作り方

ミルサーやミキサーがなければ、人参・玉ねぎは
すりおろして混ぜ合わせればOK!

こぶたが使った絹さやは特大サイズやったので、
もやしと一緒に先に入れちゃったんやけど、
柔らかい絹さやを使う場合は、すぐに火が通るけん、
火を落とす直前に入れて、キレイな緑色を活かしてあげてね。

食べる時には、サラダ部分のお野菜も
ぜーんぶ一緒に混ぜて食べるのがポイント!

0303_03

水菜やもやしがシャッキシャキで、ばりうまぁいヽ(*´∀`)ノ

サラダ部分には何にも味付けをしてないんやけど、
濃厚で香り高い【香酢調味料】の旨みを吸収してくれて、
めっちゃんこおいしく頂けちゃいます♬

このお料理、ご飯との相性もバッツグン!

0303_02

ご飯にかけて食べると、もりもり食べれちゃいます。

豚肉と一緒にたっぷりのお野菜が食べられるけん、
野菜不足の方には超オススメ❤

香りの高い黒酢の効果で、豚肉がさっぱり!

甜面醤なんかを入れてコクを出しとるので、
お野菜に旨みがしっかり絡まって、激ウマやった~(o´∀`)b

2007年03月04日

ひらひらとんかつ弁当

0302_04
弁当メニュー
ひらひらとんかつ
切干大根おむれっつ
ポテトサラダ
ブロッコリー、プチトマト
馨し!炊き込み焼肉ご飯

この日、お昼からセミナー参加のために
天神方面(福岡の繁華街)に外出しとんしゃった課長から
すんごい可愛いお土産をいただいたとっ ❤

ご自宅でテレビを見てた時に、とあるデパ地下で
このケーキを売ってるの見んしゃったらしくって、
セミナー帰りにわざわざ買ってきてくれんしゃったヽ(*´∀`)ノ*.o゜+:,*

そのお話の続きは、またあとで・・・。

お弁当の写真のっけてますっ
おかずの詳しい解説は続きをどうぞ。

0302_07

ママが、パン粉をつけて揚げるだけの状態にしてくれとった
バラ肉のとんかつ。

フライパンに入れた少ない油で、揚げ焼きに♪

切干大根の煮物の汁けを切って、細かく刻み、
卵と合わせて、オムレツ風にしました~ヽ(*´∀`)ノ

ちょっぴりケチャップでお化粧してあげたかったんやけど、切らしとった…。
お次のお買いものん時に、忘れんごと買わんと(o ̄∀ ̄)ノ”


課長のお土産・・・(人´∀`)
ケーキの箱を差し出されて、【ぶただよ】って教えてくれたと。

箱を開ける時、テープをはがすのもモドカシイほど、
早く見てみたくって、テンションがあがっちゃう~((o(▽ ̄*)o

0302_03

同僚の女性の方と、こぶたへのお土産は、
まっしろな【こぶたさんのケーキ】

0302_01

チョコで作られたかわいらしい尻尾がちょこん。

ホワイトチョコでコーティングされたスポンジの中には、
やわらかなクリームがたっぷり入った、スイートなケーキ。

いつもながら、とっても優しい課長のお気持ちが
めっちゃくっちゃうれしくって、
大事に大事に、お家に持って帰って来たっちゃん(*´∪`*)

あぁー、うれしくって、おいしかったっ♬
いつもありが㌧ございます!Nカチョーヽ(´∀`*)ノ

2007年03月03日

馨し!炊き込み焼肉ご飯

 0301_05
夕食メニュー
馨し!炊き込み焼肉ご飯
白和え
赤キャベツのコールスロー
切干大根の煮物
春雨と豆腐のお吸い物

この日の夕食は、作り置きおかずがいっぱいあって、
何にも作んなくっても十分な感じ´∀`)

ばってん、お野菜いっぱいの副菜ばっかりやけん、
ご飯をメインにしちゃおうって思ったと♪

野菜が目立つメニューやけん、
ちょっぴりお肉を使って、ボリュームアップヽ(*´∀`)ノ

写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。

馨し! 炊き込み焼肉ご飯
0301_06

材料 3合分
・米…3合

・牛薄切り肉…100g
・焼肉のタレ…大さじ3

・ごぼう…100g
・昆布茶…小さじ2
・醤油…小さじ1~2(焼肉のタレの辛さによって加減)
・白ごま…大さじ2

・浅葱…30g

作り方

お好みで他の調味料と一緒に少量の豆板醤を加えたり、
最後に一味唐辛子をトッピングしたりして、
辛さを調節してみてねっ♪

こぶた家では、焼肉を家で食べることはないっちゃけど、
焼肉のタレを冷蔵庫に常備しとるっちゃん。

焼肉のタレって、いろんなお野菜や果物のエキスがいっぱいで、
完成された調味料になるんよね~(人´∀`)

やけん、こぶたは焼肉のタレを
カレーやらソースの隠し味に活用すると。

焼肉のタレによって、辛口やったり甘口やったりするけん、
辛さはお好みで調節するようにしてね♪

白ごまやごぼうがた~っぷり入って、
とってもとっても香ばしい炊き込みごはん!

お肉もたっぷりはいっとるけん、ボリュームも満点ヾ(≧∀≦☆)
お弁当にもばっちり美味しいよっ!

2007年03月02日

お野菜もりもり弁当

 0301_04
弁当メニュー
ウィンナー
切干大根の煮物
白和え
ブロッコリーとベーコンのスクランブルエッグ
ポテトサラダ、プチトマト
ご飯(焼き明太子、青菜漬け、昆布の佃煮)

こぶたの愛用デジカメ、FinePix F10が
かなり危うい動きをしはじめちゃって
レンズが斜めに飛び出したりしてくるとよ(;´∀`)

使い始めて2年半くらいしか経ってないんやけど、
使用頻度は毎日やし、火の近くで使うことも多くって、
傷もたっくさん、そろそろ買い替え時やなぁ~って思っとると。

今までにもいろんなデジカメを使ってきたけど、
こぶた的にはFinePixシリーズがかなり使い勝手がよくって、
結局FinePixに戻っちゃうんよね~(人´∀`)

何でもそうやけど、やっぱり相性って大事よねっ♪
次に買うなら、FinePixシリーズの最新型 F40fdかな~´∀`)ゥフ

もうひとつ、一眼レフデビューを考えとって、
何にしたらいいのか悩みよったら
カメラに詳しいお知り合いの方が、親身になってアドバイスをくれると。

問題はお値段なんよねっ!
安いお買いものじゃ~ないけん、いろんな意味で慎重に考え中・・・。
でもでも、やっぱりほしいなぁ~、一眼レフぅ~ヽ(*´∀`)ノ*.o゜+:,*

お弁当の写真のっけてますっ
おかずの詳しい解説は続きをどうぞ。

0301_01

この日のお弁当は、作り置きおかずがてんこ盛りっ♪

メインになるようなおかずもなければ、
ご飯に合うおかずもないっちゃんね~ヽ(´▽`)/

そこで、真っ白ご飯の上には、
焼き明太子、青菜漬け、昆布の佃煮をトッピング。

0301_03

茹でたブロッコリーと、適当な大きさにカットしたベーコンを
バターで炒めて、塩コショウを少々...。

溶き卵を回しいれて、ぐ~るぐる♪
半熟状態で出来上がりヾ(≧∀≦☆)

0301_02

ばあちゃんから受け継がれたこぶた家の白和え。
お野菜やこんにゃく、すりごまがた~っぷり入って、
栄養ま~んてんっっ❤

 

  またもや寝坊しまくっちゃったけど、
ママが作り置きしてくれとったおかずで、
超スピード弁当、できました♪

2007年03月01日

切干大根の揚げ焼き

 0228_01

こぶたがお料理をおもいっきしさぼってたとき、
ママがお弁当のおかずにもできるおかずを
たっくさん作っておいてくれたとっっヾ(≧∀≦☆)

その中のひとつが、切干大根の煮物っ。
その煮ものを使って、リメイク料理を作ってみたと!

写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。

 切干大根の揚げ焼き

材料 3個分
・かんぴょう…適量
・油揚げ…3枚

・小松菜…2束(40g)
・切干大根の煮物…100g程度
(こちらの
レシピをご参考までに...今回のお野菜は人参だけです)

・マヨネーズ…小さじ2
・一味唐辛子…少々

・ごま油…小さじ1
・熱湯…40~50cc

・切干大根の煮汁…大さじ4程度

【水溶き片栗粉】
・片栗粉…小さじ1/2
・水…大さじ1


作り方

 小松菜や切干大根は、細かく刻んでおいたほうが食べやすい♪

油揚げ、お味噌汁なんかに使ってて、
3枚しか残ってなかったけん、3個分だけ。

油揚げの枚数を増やして、中に入れる具を少なめにして、
卵なんかを入れちゃっても、おいしいと思うっちゃん♪

マヨネーズは、小松菜と切干大根をなじませるための
”つなぎ”感覚で入れただけやけん、入れんでもOK!

切干大根の煮物があまっちゃったら・・・
オムレツの具にしてみたり、油揚げに詰めちゃったり...
味をかえて、楽しんでみてねっ(*´∪`*)