« 2006年11月12日 | メイン | 2006年11月14日 »

2006年11月13日

ジンジャーティ

 1109_06
11月9
日(木) のママ・こぶた夕食メニュー
さしみこんにゃく
ほうれん草の練りごま和え
切干大根の煮物
こぶた流茶碗蒸し
秋色炊き込みご飯
ジンジャーティ

昨日の日曜日は、お寝坊さんを満喫して、
自室にこもって、たまりにたまったお料理画像の整理やら、
れしぴ本にお付けするメッセージカードを書いたり、
じいちゃん・ばあちゃん、パパ・ママに頼まれた
年賀状の製作やらをしよったと~。


年賀状・・・あぁ、もうそげな季節なんやね~(*´o)*ゞ
年賀状はデザインを決めたり、宛名を整理したり、
印字するのがかなり手間隙かかるっちゃんねー。

ママのお仕事の分も加えると、合計で250枚以上!
デザインは全部で4パターン。
考えるだけでも、泣けてくる(笑)

来月の頭から、しばらく・・・
こぶたは今よりさらに忙しくなっちゃう予定やけん、
今のうちにやっとかんと、間に合わんくなっちゃうんよ(;つД`)

じいちゃん、数年前から手が震えるようになっちゃって、
とっても上手やった字がかけなくなったけん、
去年からこぶたが年賀状を作ってあげるようになったんよ。

今年はね、お気に入りの写真を使って、
【 元気に過ごしよるよ~ 】
ってのが、一目瞭然に伝わるような年賀状にしたっちゃん♪

早く作ってあげんと、心配しんしゃるけん、
じいちゃんとばあちゃんの年賀状は完成して、
昨日のうちに、お家にもって行ってあげたとー。

バッチリの仕上がりで、おふたりさんからの評判も上々!
後は、パパ&ママの分と、ママのお仕事用と、
こぶたの分・・・。

先は長いねぇぇーo(´□`o)

この日の夕食は、銀杏を使いたくって純和風。
写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。

ジンジャーティ
1109_03


 材料 3人分
・生姜…20g

・水…400cc
・黒砂糖…小さじ2
・はちみつ…小さじ1~2

・かぼす…適宜(お好みの柑橘系でOK)


 作り方
1109_07

生姜は一度煮立たせた後すぐに火を消しても、
漬け込んでいるうちに、辛味が出てくると。
あまり煮立たせすぎんごと、気をつけてね!

甘みはお好みで調節してくださいっ♪

お勤め先の同僚、nonさんのお父さんが育てよる生姜を
たっぷりいただいちゃった(人´∀`)

急にさむぅーくなってきて、
こぶたのまわりでも風邪が流行はじめよる(◎`Д´)σ

パパは薬害を併発しちゃうから、
抗生物質が飲めんっちゃん。

風邪をひかせちゃったら、お薬飲めんくって大事になっちゃうので、
風邪をひかんごと、ジンジャーティで予防♪予防♪

パパはハーブやら生姜やらのクセの強い香りやら
苦味が大好きやけん、
このジンジャーティもとっても気に入ってくれたとー。

まだまだ生姜がたっぷりあるけん、
風邪予防のためにも、ジンジャーティであったまろっと。

ちなみに、この日の夕食は、パパだけ別メニュー。
メインがこんにゃくじゃ、パパにはボリュームが足らんので、
パパ用にはお肉料理を作ったと。

1109_05
11月9日(木) のパパの夕食メニュー
豚の黒酢生姜焼き(サラダわさび菜添え)
切干大根の煮物
こぶた流茶碗蒸し
秋色炊き込みご飯
ジンジャーティ

秋色炊き込みご飯
1109_01

道の駅大和 そよかぜ館】で、
とっても立派な銀杏を買っておいたけん、
大好きな炊き込みご飯を作ったと~♪

その名も、【 秋色炊き込みご飯 】!
残念ながら、この日は人参がなくって、
紅葉を演出できんかった(;つД`)

ばってん、銀杏が立派で炊くとホクホクになるけん、
めっちゃくちゃおいしかったぁぁぁ♡

こぶた流茶碗蒸し
1109_02

具材は、ほうれん草、かまぼこ、銀杏、海老。
こぶたの茶碗蒸しは薄口に仕立てて、
ふるんふるんに仕上げるのがポイントっ。

こぶた流茶碗蒸し 】、こぶたの得意料理のひとつやけん、
さむぅーい季節になると、ちょくちょく登場するっちゃん♪

圧力鍋で2分で蒸しあげちゃうので、
すっごく口当たりなめらか~な茶碗蒸しができるとよ~。

豚の黒酢生姜焼き
1109_04

パパの生姜焼きには、お気に入りの黒酢を使って
生姜、はちみつ、醤油、みりん、お酒を合わせた物に漬け込み、
ざっくり大きめにくし型切りにした玉葱と一緒に
一気に炒めあげました~ヽ(*´∀`)ノ*.o゜+:,*

翌日のお弁当にも入れたけど、
冷めても美味しいっっ(人´∀`)

生姜焼きの作り方とか、それに似たお料理は
過去にもたっくさんご紹介しとるので、
レシピは割愛させていただきまーす。
気になる方は、検索してみてねっ♪

純和風の献立に、パパママも大満足(*´∪`*)

「美味しいぃ♪」って喜んでもらえると、
ますますお料理が楽しく感じるよね~(o´∀`)b