« 2006年10月30日 | メイン | 2006年11月01日 »

2006年10月31日

川端どさんこ

 1028_01

10月28日(土)、午前中こぶたは所用で
ママンに天神(福岡のハンカガイ)まで車で送ってもらって
予定を消化しよったと~。

午後からはママと演奏会を拝聴する予定やったけん、
14時過ぎに某所で待ち合わせ♪

某大学の附属高校吹奏楽部の
定期演奏会の招待券をいただいとったけん、
とっても楽しみにしとったんよ(人´∀`)

案の定、あまりにもすんばらしい演奏ばかりで、
こぶたは冒頭から感動しまくりの泣きっぱなし(笑)

これだけ演奏するために、
どれだけ辛い練習を乗り越えてきたんやろ!?
・・・って考えたら、涙腺ゆるみっぱなしー。

ホントに大感激の演奏会で、
ココロが洗われたような気がした。

たっぷり演奏してくださって、
終わったのが、なんと18時近く。

こぶたはこの日、バタバタしとったけん、
朝からなーんにも食べてなかったんよぉ。

あぁぁぁ、お腹減ったぁぁぁぁーι(´Д`υ)

で、ママと二人で向かった先が、
このエリアに来たら必ず食べたくなる、あのお店!

ず~っと行きたくて、食べたくて、
うずうずしとったあのお店!

おいしいラーメンのお話っ 続きも読んじゃう?

向かったお店は、こぶたお気に入りのラーメン屋さん。
【 
川端どさんこ 】

1028_02

かな~り以前のブログ【こぶたのこぶろぐ】でも
一度ご紹介しとるお店なんやけど、

そりゃ~もう、めっちゃくちゃオイシイ!
オイシイだけじゃなくって、元気になれるお店。

いつも店員さんがにこやかで、威勢があって
ラーメン待ってる間も、ラーメン食べよる間も、
その決め細やかな応対が心地良いBGMになって、
ほんとに元気を貰えちゃうお店なんよ~o(´∪`o)

1028_05

んで、調理工程もと~っても丁寧!!
炒飯用の玉葱を刻んでるところなんやけど、
一つ一つ丁寧に、みじん切りにしよんしゃる(o´∀`)b

1日に何個の玉葱が消費されていくんやろ~。
ずいぶんカットしよんしゃったなぁぁぁ~。

こぶたはもちろん福岡県民やけん、
 とんこつラーメン大好きなんやけど、

実はそれよりも好きなのが
縮れ麺の味噌ラーメン。

このどさんこはさっぽろらーめんと銘打っとるだけあって、
味噌ラーメン、バターラーメンが主力メニュー。

一番最初にこのお店に来た時、こぶたは味噌ラーメン、
ママはバターラーメンを食べたんよ。

もちろんどっちもおいしかったんやけど、
こぶたとママはバターの方が好きになったと♡

やけん、今回は二人ともバターラーメン(@550)をオーダー。 

1028_04

相変わらずコクがあって、具・スープ・麺の調和が絶妙で
あっという間に完食できちゃう、たまらん旨さ!

もやしがたっぷり入っとるのも、
無類のもやし好きのこぶたとしては、たまらんのよね~♪

で、あまりにもお腹すきすぎちゃってるので、
ママと半分こしようと思って、焼きめし(@500)も一緒にオーダー。

オーダーを取ってくださった店主さんが、
【半ちゃんずつにしましょうか?】って言って下さったと。

わ~い!半ちゃん!半ちゃん!半ちゃんにしてぇ~♪
(実はかなり半ちゃんに憧れとったと!)

店主さん(ちなみにどえらい若い)は、
すっごく機転の早い方で、すっごく愛想が良い方。
男女ともにきっと惚れられることが多いやろうなぁ~ってくらい
めっちゃくちゃ感じがいいんよ~( ´艸`)

このお店の裏メニューから始まって、
今では人気メニューにまでなっちゃってるという半ちゃん。

一人前500円の焼きめしを半分に分けて250円で提供してもらえちゃうという
ラーメンとあとちょっとご飯を食べたいって時の、魅惑の隠れメニュー。

ばってん、1人前を分けるには、分けるお相手がいないとダメなんよ。
ひとりでお店に入ったとしても、
他に半ちゃんを頼みたいと思ってる別のお客さんがいらっしゃれば、
半ちゃんが成立しちゃうー!っていう、寸法ね(人´∀`)

半ちゃんにすると、お皿もふたつになっちゃうわけで、
お店としては手間やろうに、わざわざご提案してくださる、
その懐の深さ!!!いやぁ~ん、感動っ♡

1028_03

きましたよー、憧れの半ちゃん♡

半分だとは思えん、ボリュームでしょ~♪
しかも、ラーメンに負けず劣らずの、激ウマな焼きめし。

ご飯粒はパラパラで、お味も絶妙で、
具もた~っぷりはいってるんよ。

家庭でこんなに具材を入れちゃうと、
ベチャ~ってなってしまうんやけど、そこはプロの技!!
バッチリのパラパラ加減で、
ほんとめっちゃ好きなんよ~、どさんこの焼きめし!!!

ココロもオナカも満たされて、
ママと家路に着きながら、どさんこトーク!

このお店について、延々に熱く語り合いよった(笑)