« 2006年07月22日 | メイン | 2006年07月24日 »

2006年07月23日

日田~豆田町日帰りの旅

 0717_19

7月17日の海の日、三連休最後の日、
ママと二人で日田までドライブに行ってきたと(ノ*'▽'*)ノ

日田にはこぶたお気に入りのお醤油屋さんがあって、
お醤油がなくなると、定期的に行っては、
まとめて数本買い込んでくるんよっ♪

ばってん、今回はかなりのご無沙汰やった。

パパは午後から透析があるけん、
今回はママとふたりでお出かけしたんやけど、
この日の日帰りドライブ、ハプニングだらけで
苦い思い出が残る旅となっちゃいました(;つД`)

ちょっぴり苦い日帰りドライブ 続きも読んじゃう?

0717_22

九州自動車道にのかって、大分に向かって走ったと。

途中、ガソリンを入れ忘れとったけん、
山田S.Aに立ち寄って、ガソリンば入れることに。

ついでに売店エリアも覗いてみたんやけど、
なんだかおもしろいもんを発見!

0717_21

これ、テント下で売ってたものなんやけど、
遠めで見たときには、ただの胡瓜が
まるごと売られとるんやと思ったと。

ばってん、よく見ると、なんだか棒がつきささっとる…。

近くまで寄ってみてみたら、【がぶっちょきゅうり】っていう
浅漬けみたいなものなんだって!

1本120円。

話のタネに1本お願いしたら、売ってたおばちゃんが
【細い方と、太い方、どっちがいい?】って聞くと。

【どっちがオススメ?】って聞き返したら、
【細い方が味がしみとるけん、私は細い方が好き】ってお答え。

んだらば、細い方をちょうだいな~♪

浅漬けやけん、あっさりとしたお味。1本をママと半分こっ。
ばってん、これ、よかアイディアやなぁ~って思った。

日田インターを降りると、目的地はすぐそこ!
インターから降りて、5分もしたらすぐに着くとよ。

最初の目的地は、こぶたが大好きな味噌・醤油のお店
蔵出し味噌・醤油 醸造元 原次郎左衛門

0717_20

風格のある佇まいやろ~(*´∪`*)

このお店、だれに紹介されたわけでもなくって、
もう何年も前の話、日田市内をドライブしよって、
サッポロビール新九州工場】の売店においてあった
周辺観光マップを見よったら
【次郎左衛門】やら、なんだかおもしろそうな屋号を見つけたと!

そこからそのマップを頼りに、このお店にたどり着いたんやけど、
すごい店構えに興味をそそられ、入っちゃったのが最初!

醤油のあまりの美味しさにゾッコンになってしまって、
それ以来、お醤油がなくなったら、
ここに買いに来るようになったんよね~。

後で知ったことなんやけど、
日田市内でも有名な観光地になっとるみたいで、
観光バスやらがひっきりなしに訪れよるみたい。

0717_18

百余年の歴史を誇る醸造元なだけあって、
その歴史を感じる道具やら看板なんかが目を引くと。

 

0717_17

お醤油も味噌も、それこそ何種類もあって、
自分好みのやつを見つけるのも大変っ(笑)

0717_14

こぶたは、ここのお刺身醤油【あやめ】と、
【柚子ぽん酢】がかなりお気に入りっ♪

ばってん、この2種類は家にストックがあるけん、
普通のかけ醤油と、お料理に使うときの醤油を買ったと。

 

0717_13

あとは、お味噌と、もろみを少々お買い上げ!

原次郎左衛門さんでは、工場見学もできるんよ。
日曜日とか祝日とかは工場は動いてないんやけど、
自由に見回ったりはできるんよ~。

0717_15

あと、原次郎左衛門さんで有名なのが、昔懐かしい【ラムネ】。
天然色素で色づけした色とりどりの瓶入りのラムネ。

そのラムネ工場を見学できるのは、
全国で唯一、この原次郎左衛門だけらしいっ!

0717_16

こぶたは、週末か祝日にしかこのお店に行けんので、
残念ながら工場が稼動しとるのを見たことがないんやけど、
中庭やらは無料開放してくれとるけん、
自由に歩き回ることができるとよ~o(´▽`*)/

工場見学の他にも、【九州郷土玩具館】が無料で見学できて、
今となってはほとんど見ることのなくなった
昔懐かしい玩具を懐かしむことができるよ!

原次郎左衛門さんを後にして、近くにある三隅川に行ってみたと。
ここでは鮎のやな場が間近で見られるんよ。

駅前にある、日田観光案内所で地図をもらって、
場所を確認してから、やな場に向かったと。

ばってん、ここからこぶたの気分がどんどんどんどん凹んでいくんよ。
原因はわからんっちゃけど、なんだか胸の辺りがムカムカすると。

気のせいやろなぁ~と思い込ませて、
冷たいお茶なんかで喉を潤しつつ、やな場に到着~♪

0717_23

この日は朝から結構な雨が降りよったやけど、
こぶたたちが日田に着いた頃にはやんでたんよね。

ばってんその影響か、ちょっぴり水流も勢いを増しとるような気が。

0717_12

 

まだ時期的に少し早かったみたいで、
かかってる鮎は見れんかった・・・(;つД`)

0717_11

 隣接された特設のお店では、鮎の塩焼きなんかが売られてて、
たっくさんのお客さんで賑わとったよ。

0717_24

実は、このやな場、こぶたは脂汗をかきつつハァハァいいながら、
苦痛な状況に悶絶しつつ、必死で写真撮ってたんやけど、
途中から、耐えられんくなって、近くにあったおトイレットに飛び込んだと。
(お食事中の方、ごめんなさい)

もうね、吐き気がすんごくって。
およそ30分以上、その場を離れられんかったとよ(;つД`)

実際、嘔吐を繰り返しつつ、待っててくれたママに謝りながら、
普段なら、楽しくってしょうがないロケーションなんやろうけど、
こぶたはもう、帰りたくて、帰りたくて…。゚(゚´Д`゚)゚。

とりあえず、吐き気もおさまったと思い込ませつつ、
車に戻ったんやけど、いっときしたら
またまた吐き気と腹痛が襲ってくるんよぉ。

あんまりの辛さに横になって寝てもおられんかったので、
車内の後部座席の下の方にうずくまってたんやけど、
呼吸が普通にできんくなったんよ!

はじめて過呼吸になったとι(´Д`υ)
おまけに手足はしびれるし、体が震えだすし…。

家に帰りたくっても、ここは自宅からうーんと離れた、大分。
そこまでさすがに耐えられそうにないっちゃん。

途中で薬局やら病院やらがあったら、立ち寄ってって、
泣く泣くママにお願いしたんやけど、
勝手がわからん、大分やけん、わからんのよ。

あまりのこぶたの状況に、ママはガソリンスタンドに飛び込んで、
救急車を呼んでもらったと(;´Д`)

幸い、そのスタンドのスタッフの方々がすごーく優しい方々で
(こぶたはこん時、意識がもうろうとしとったけん、全然わからんっちゃけど)
親切丁寧ですぐに救急車呼んでくれたり、
冷たいタオルを持ってきてくださったり…。

5分も待たずして、救急車到着。
救急隊員の方々もすごく優しくて、すぐに救急病院に搬送してくださった。

かろうじて意識はあるんやけど、息がね、もうね…。
悶絶ってこのことやん。耐えられんかったもん。

息が普通にできてないけん、救急車内で酸素マスクを施されて、
救急車で運ばれた病院で、点滴をしてもらったと。

最初はなんかにあたったんかいな!?食中毒!?
って頭をよぎったりもしたんやけど、
昨日からママとパパと同じものしか食べてないんよねぇ。
しかも、こぶたはこの日、朝ごはんもお昼ご飯も食べてなかったし…。

それからレントゲン撮ったり、エコー検査したり、
血液検査してもらったりしたけど、
結局原因はわからずじまい。

2時間ほど、点滴をしながら安静にしとったら、
だいぶ痛みも和らいで、帰ってもいいごとなったと♪

いつも保険証は持ちあるいとるけん、病院代、しめて5,950円。
高くついちゃったけど、早く良くなったけんほんと良かった。

ママはその2時間、待合室でじーっと待っててくれて、
こぶたが元気になったことを知ったら、
「おなかすいたぁ~」っていいんしゃったと(*´∪`*)

何にも食べてないもんねぇ。
ほんと、空白の2時間、ごめんなちゃいね。

先生にももう大丈夫よって太鼓判もだったけん、
運転はママにお任せしつつ、豆田町に向かったんよ。

0717_02

豆田町は、雛人形やら竹下駄なんかが有名。
天領時代の面影を残す、風情ある趣の町並み。

0717_03

町ぐるみでこの風情を守っとるみたいで、
車じゃなくって、ぜひ歩いて散策して欲しい町並み。

 

0717_04

こぶたもさすがに病院を出たばっかりで無理はできんけん、
自分の体調と相談しつつ、のっそり歩きながら散策しよった。

0717_01

交差点付近には、「止まれ」じゃなくて、「とまって」
マークは特産の下駄がモチーフ。
なんかほのぼのしとるやろ(*´∪`*)

ママ、すんごいおなかすいたって言いよったし、
こぶたもかぶっちょ胡瓜を半分食べただけで、
すごくおなかすいとったけん、電話で駐車場を確認した
吉兵衛」さんに行ってみたと。

0717_10

もちろんお食事もできるんやけど、基本は甘味処みたい。
白玉なんかが美味しいお店って書いてあった。

 

0717_07

ママは手作りコロッケ定食。
お味噌汁もご飯も美味しいって食べよんしゃったけど、
コロッケも手作り!って感じがして、美味しいって(*´∪`*)

 

0717_08

こぶたは山菜ピラフ。
ほんとはピラフだけなんやけど、
なぜか野菜スープもオマケしてくれんしゃった(≧∇≦)b

野菜の甘みがぎゅ~っと濃縮された、
身体に優しいスープ。
今のこぶたにはありがたぁい!!

せっかくの甘味処なのに、甘味を食べないのはもったいない。

0717_05

ほんとは焼き餅を入れて出してるらしい、ぜんざい。
この時期、美味しいお餅がないらしくて、
白玉を入れてますって言いよんしゃった。

 

 

0717_06

こちらはご自慢の白玉抹茶金時。

お抹茶がすごくほろ苦いんやけど、
アイスと小豆と寒天で程よく緩和されて、
絶妙な甘さになってたんよ!

閉店間際にお店に入ったけん、
丁寧にお礼を言って、吉兵衛さんを後にしたと。

こぶたはありえんくらいの脂汗をかいたけん、
温泉に入りたくってしょうがなかったんよ。

日田インターから九州自動車道にのっかって、
杷木インターで降りてから、原鶴温泉に向かい、
人が少なくて入湯料が安い、
穴場な温泉【鎧畠の湯】にいったんやけど・・・、

閉まっとるんよねぇ・・・(;´Д`)

んん?? いや? よく見ると・・・
驚くべきことに、【売り家】になっとった!!ι(´Д`υ)

確かにね、いついっても貸切状態やし、
こげん安い入湯料で、広々温泉に浸かれてステキ!

とかなんとか思ってたんやけど・・・

そうですかぁ、つぶれちゃいましたか・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

結局そこからは下道での~んびり帰ってきたと。
この日のドライブはいろいろハプニングが続いたけど、
でも、無事帰ってこれてよかった(´I `

おうちにたどり着いたら、速攻お風呂に入って、
この日は早めに休みましたっ。

ながーい記事なのに、最後まで読んでくれてありが㌧!