« 2006年06月25日 | メイン | 2006年06月27日 »

2006年06月26日

ピーマン包み焼き

6月22日(木)の夕食メニュー
6月22日(木) の夕食メニュー
明日も食べたい舞茸炒飯
ピーマン包み焼き
糸寒天とわかめの酢の物
大根とニラのピリ辛スープ

先週の木曜日、炊飯器の中にちょっとしかご飯が残ってなくて、
しかも、お米を買い忘れとって、残り1合分しかないんよねっ(;つД`)

その貴重な1合は、翌日のお弁当分で取っておきたいけん、
炊飯器の残りすくないご飯を、炒飯にすることにしたとっ♪

こぶたが過去に作ったオリジナル炒飯の中で、
絶対に一番美味しいと思う、自慢の炒飯っ(ノ*'▽'*)ノ

明日も食べたい舞茸炒飯
明日も食べたい舞茸炒飯

われながら大絶賛のこの炒飯。
レシピはこちらをチェックしてみてねっ(*´∪`*)

大好きな舞茸は買っておいたけん、
この炒飯がムッショ~に食べたくなったんやけど、
このチャーハンの味の決め手になる【茗荷】がなかったんよね…。

お勤め帰りに、わざわざ茗荷だけを買いにスーパーに。
どのみち、この時期は茗荷も安くなって、
いろんなお料理に重宝するけん、2パックお買い上げっ♪

今回、味覇の分量をちょっと増やして濃い目に味付けをしたとっ。
ごまを切らしちゃってたので、かわりに青みのネギを散らして。

やっぱ、おいすぃ~ヾ(≧∀≦☆)
名前の通り、明日も食べたくなる炒飯よんっ♪

糸寒天とわかめの酢の物
酢の物

ねじり糸寒天ってものを買っていて、
調味液がすんごい絡みやすいんよねっ。

塩もみした胡瓜と、人参、サッと下茹でした生わかめ。
それにちりめんじゃことをボウルに合わせて、
酢、醤油、砂糖で味付けた合わせ酢と和えましたっ。

夏はお酢が疲れを吹き飛ばしてくれるよねっq(≧∇≦*)

で、この日のメイン。
なんにしよっかなぁ~って冷蔵庫と冷凍庫を覗いたら、
ピーマンと豚肩ロースが目に飛び込んできた!

ボリュームがあるごと見える料理は・・・って考えてたら
ひらめいちゃったんよねっ

写真で解説っ 詳しいレシピは続きでどうぞ。

ピーマン包み焼き
ピーマン包み焼き


材料 3人分
・ピーマン…7個
・豚肩ロース肉…250g

・小麦粉…少量
・塩胡椒…少々

・サラダ油…小さじ1

【タレ】
・酢…大さじ1/2
・醤油…大さじ2
・酒…小さじ1
さーたーゆー(黒蜜)…小さじ1/2
・焼肉のタレ…大さじ1


作り方
ピーマン焼き作り方

小麦粉をはたくのは、糊付けのため。
ピーマンと豚肩ロース肉をはがれにくくするためでっす!
やけん、わすれんどってネ♪

さーたーゆーがなければ、黒蜜でもいいし、
はちみつでもいいし、黒砂糖を砕いたもんでもいいし、
それもなければ・・・普通の砂糖でもOKです。

ピーマンを細切りにしちゃって、豚肉と一緒にいためちゃうんやったら
ただの細切りに炒めになっちゃうので、
それよりもなんとな~くボリュームがあるように見える
こげな感じにしてみたとっっ(ノ*'▽'*)ノ

ピーマンの中に肉詰めしちゃうピーマンの肉詰めってあるやん!?
それの逆バージョン。

お肉でピーマンを包んじゃうんよっ♪

ピーマンは火の通りも早いけん、お肉で包んじゃっても
すぐに火が通って、あっという間に焼けちゃうよん。

お弁当のおかずにも使えるけん、ぜひお試しあれ~。